山口 清吾(やまぐち せいご、1924年4月13日 - 1996年1月24日)は、日本武道合気道)家。福岡県出身。1960年代から90年代にかけて合気会本部道場師範として指導に当たり、門下生から多くの師範を輩出した。

年譜編集

関連項目編集

外部リンク編集