メインメニューを開く

山口県立柳井高等学校(やまぐちけんりつ やないこうとうがっこう)は、山口県柳井市古開作に所在する公立高等学校。略称は「柳高」(りゅうこう)。野球部が全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園大会)で優勝経験を持つ。

山口県立柳井高等学校
Yanai HS.JPG
過去の名称 【高等女学校】
柳井町立柳井女学校
柳井町立柳井高等女学校
玖珂郡立柳井高等女学校
山口県立柳井高等女学校
山口県立柳井女子高等学校
【旧制中学校】
山口県立周東中学校
山口県立柳井中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 山口県の旗 山口県
学区 全県一学区
校訓 右文尚武
設立年月日 1907年(柳井女学校)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 35110F
所在地 742-0032
山口県柳井市古開作611-1
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

概要編集

歴史
1907年(明治40年)創立の高等女学校を前身とする「山口県立柳井女子高等学校」と1921年(大正10年)創立の旧制中学校を前身とする「山口県立柳井高等学校」(男子校)の2校が1949年(昭和24年)に統合され「山口県立柳井高等学校」(男女共学)となった。2012年(平成24年)に創立105周年を迎えた。
設置課程・学科
全日制課程 普通科
校是
「右文尚武」(読みは「ゆうぶんしょうぶ」。「文武両道」と同義。)
校歌
旧制中学校時代の1922年(大正11年)に制定。作詞は久継啓作、作曲は近藤義次による。歌詞は3番まであり、3番に校名の「柳高」が登場する。これは旧制中学校時代「柳中」であったものが新制高等学校発足時に「柳高」に変更されたものである。
応援歌
「門出の歌」、「応援歌第一号」、「応援歌第二号」がある。
同窓会
「柳高同窓会」と称しており、以下の支部を置いている。

沿革編集

高等女学校時代
  • 1907年(明治40年)4月 - 「柳井町立柳井女学校」として開設。
  • 1910年(明治43年)6月 - 「柳井町立柳井高等女学校」と改称。
  • 1914年大正3年)6月 - 郡立移管により、「玖珂郡立柳井高等女学校」と改称。
  • 1921年(大正10年)
    • 1月 - 冬服を和服から洋服へ変更。
    • 4月 - 夏服も和服から洋服へ変更。
  • 1923年(大正12年)4月 - 県立移管により「山口県立柳井高等女学校」と改称。
  • 1932年(昭和7年)6月 - 制服が山口県共通となる。
  • 1941年(昭和16年)4月 - 戦時体制により、制服が丸襟・モンペに変更される。
  • 1944年(昭和19年)6月 - 光海軍工廠への学徒動員が開始。
  • 1945年(昭和20年)
    • 4月1日 - 学校での授業が休止となる。ただし動員は継続。
    • 8月14日(終戦前日)- 空襲により岩国で動員されていた生徒16名が犠牲となる。
    • 8月15日 - 終戦。
    • 9月 - 授業を再開。
  • 1946年(昭和21年)4月 - 修業年限が5年となる(ただし4年で卒業することもできた)。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革六・三制の実施)が行われる。
    • 高等女学校の募集を停止する。
    • 新制中学校を併設し(名称:山口県立柳井高等女学校併設中学校、以下・併設中学校)、高等女学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
    • 併設中学校は経過措置として暫定的に設置されたもので、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革により高等女学校が廃止され、新制高等学校山口県立柳井女子高等学校」が発足。
    • 高等女学校卒業者(5年修了者)を新制高校3年生、高等女学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業者(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
    • 通常制普通課程(全日制課程 普通科)と家庭課程(家政科)を設置。
    • 併設中学校を継承し(名称:山口県立柳井女子高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に高等女学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
  • 1949年(昭和24年)
    • 3月31日 - 併設中学校を廃止。  
    • 4月1日 - 統合により、「山口県立柳井高等学校 東校舎」となる。
旧制中学校(男子校)時代
  • 1921年(大正10年)4月 - 「山口県立周東中学校」が創立。
    • 入学資格を尋常小学校を卒業した12歳以上の男子とし、修業年限を5年(現在の中1から高2に相当)とする。
  • 1922年(大正11年)4月 - 現在位置に校舎が完成し移転を完了。校歌を制定。
  • 1923年(大正12年)4月 - 「山口県立柳井中学校」と改称。
  • 1924年(大正13年)11月 - 第1回大運動会を実施。青龍、朱雀、白虎、玄武の4組に分かれて競技を行う。
  • 1925年(大正14年)8月 - 野球部、第11回全国中等学校優勝野球大会夏の甲子園大会の前身)に初出場。
  • 1931年(昭和6年)4月 - 制服を山口県共通のものに変更。
  • 1933年(昭和8年)3月 - 第1回防空演習を実施。
  • 1940年(昭和15年)- 柳中体操(現・柳高体操)を創作。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令の施行により、入学資格が国民学校初等科を修了した12歳以上の男子に変更となる。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 中等学校令の施行により、この時の入学生から修業年限が4年(現在の中1から高1に相当)となる。
  • 1944年(昭和19年)6月 - 光海軍工廠への学徒動員が開始。
  • 1945年(昭和20年)
    • 3月 - 4年生(1941年(昭和16年)入学生)と5年生(1940年(昭和15年)入学生)の合同卒業式が行われる。
    • 4月 - 学校での授業が停止となる。ただし動員は継続。
    • 8月14日(終戦前日)- 空襲により光・岩国で動員されていた生徒16名が犠牲となる。
    • 8月15日 - 終戦。
    • 9月 - 授業を再開。
  • 1946年(昭和21年)4月 - 修業年限が5年となる(ただし4年で卒業することもできた)。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)が行われる。
    • 旧制中学校の募集を停止する。
    • 新制中学校を併設し(名称:山口県立柳井中学校併設中学校、以下・併設中学校)、旧制中学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
    • 併設中学校は経過措置として暫定的に設置されたもので、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
  • 1948年(昭和23年)
    • 4月1日 - 学制改革により旧制中学校が廃止され、新制高等学校「山口県立柳井高等学校」が発足。
      • 旧制中学校卒業者(5年修了者)を新制高校3年生、旧制中学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業者(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
      • 通常制普通課程(全日制課程 普通科)を設置。
      • 併設中学校を継承し(名称:山口県立柳井高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に旧制中学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
    • 5月 - PTAが発足。
  • 1949年(昭和24年)
    • 3月31日 - 併設中学校を廃止。  
    • 4月1日 - 統合により、「山口県立柳井高等学校 西校舎」となる。
統合
  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 上記2校が統合され、「山口県立柳井高等学校」(男女共学)となる。通常制普通課程と家庭課程を設置。
    • 旧男子校を「西校舎」、旧女子校を「東校舎」として使用を継続。
  • 1950年(昭和25年)11月 - 第1回男女合同運動会を開催。
  • 1951年(昭和26年)4月 - 補習科を設置。
  • 1958年(昭和33年)8月 - 野球部、第40回全国高等学校野球選手権大会において全国優勝を果たす(旧制中学時代を含めると5回目の出場)。
  • 1960年(昭和35年)
    • 7月 - 12教室を増築。
    • 9月 - 東校舎(旧・女子校)を廃止。水洗トイレを設置。
  • 1961年(昭和36年)3月 - 9教室を増築。
  • 1962年(昭和37年)3月 - 3教室を増築。
  • 1963年(昭和38年)
    • 4月 - 家庭科を家政科に変更。
    • 6月 - 理科特別教室が完成。
  • 1965年(昭和40年)4月 - 家庭美術特別教室が完成。
  • 1967年(昭和42年)3月 - 本館が完成。
  • 1968年(昭和43年)3月 - 屋内運動場(体育館)が完成。
  • 1969年(昭和44年)
    • 4月 - 家庭経営保育室・音楽教室・補習科教室が完成。
    • 12月 - 男子生徒の長髪を許可。
  • 1970年(昭和45年)
    • 4月 - 格技場が完成。
    • 8月 - 第1回集団宿泊訓練を岩城山で実施。
  • 1972年(昭和47年)12月 - 動員学徒慰霊碑「紅」が設置される。
  • 1974年(昭和49年)6月 - 柳井文化福祉会館前に「柳井高等女学校跡」石碑を建立。
  • 1975年(昭和50年)
  • 1978年(昭和53年)9月 -「運動会」の呼称を「体育祭」に変更。
  • 1981年(昭和56年)4月 - 家政科の募集を停止。
  • 1982年(昭和57年)3月 - 多目的教室が完成。
  • 1983年(昭和58年)3月 - 家政科を廃止。
  • 1984年(昭和59年)3月 - 視聴覚教室が完成。
  • 1985年(昭和60年)2月 - 野球部雨天投球練習場が完成。
  • 1986年(昭和61年)3月 - 「柳井高等学校史」を発刊。
  • 1989年(平成元年)3月 - 剣道場・雨天練習場が完成。
  • 1992年(平成4年)4月 - 普通科に科学英語コースを設置。
  • 1993年(平成5年)12月 - 生徒会長に初めて女子が選出される。
  • 1994年(平成6年)3月 - LL教室を整備。
  • 1999年(平成11年)4月 - 全クラスが男女混合クラスとなる。
  • 2002年(平成14年)
    • 2月 - 普通教室棟を改築。
    • 4月 - 理数科を設置。普通科科学英語コースの募集を停止。45分7限授業を開始。
  • 2003年(平成15年)4月 - 山口県立柳井商業高等学校山口県立柳井工業高等学校の2校と学校間連携を開始。
  • 2004年(平成16年)3月 - 普通科科学英語コースを廃止。
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)
    • 1月 - 理科・美術・家庭特別教室が完成。
    • 10月 - 創立100周年記念式典を挙行。
  • 2008年(平成20年)3月 - 理数科を廃止。

学校行事編集

2学期制

前期
文化祭
1970年(昭和45年)に「文化部発表会」の名称を「文化祭」に変更。1991年(平成3年)まで9月開催。1992年(平成4年)からは6月開催。2004年(平成16年)からは7月実施。
後期

部活動編集

運動部
文化部

著名な出身者編集

関連項目編集

外部リンク編集