メインメニューを開く

山口県立萩工業高等学校

画像提供依頼:山口県立萩工業高等学校の画像提供をお願いします。2015年12月

山口県立萩工業高等学校(やまぐちけんりつ はぎこうぎょうこうとうがっこう)は、山口県萩市にあった公立の工業高等学校である。通称萩工(はぎこう)。毎年全国高等学校ラグビーフットボール大会出場を山口県立大津高等学校と争っており、ここ数年は連続して出場している。

2006年(平成18年)以降、山口県立高校の再編統合計画の一環として、山口県立萩商業高等学校と統合の上、山口県立萩商工高等学校に改組され、2008年(平成20年)3月末をもって閉校された。学校施設は萩商工高校の校舎として用いられている。

校風編集

  • 至誠一環(孟子の言葉。「至誠」の語は萩出身の吉田松陰が好んで用いたといわれる)
  • 知行合一(王陽明の学説)

沿革編集

  • 1911年(明治44年) - 萩町立明倫商業補習学校として創立。
  • 1940年(昭和15年) - 県立学校に移管、山口県立萩商業学校と改名。
  • 1944年(昭和19年) - 山口県立萩工業学校に転換。同時に機械科、土木科を設置。
  • 1948年(昭和23年) - 学制改革により山口県立萩商工高等学校に移行。
  • 1965年(昭和40年) - 山口県立萩商工高等学校を廃止、商業系学科を分離して山口県立萩工業高等学校となる。
  • 2006年(平成18年) - 新規生徒募集を停止。
  • 2008年(平成20年) - 最後の卒業式を挙行、山口県立萩商工高等学校に完全移管。

教育組織編集

次の教育組織があった。いずれも萩商工高校に引き継がれている。

  • 全日制
    • 電気科
    • 機械科
    • 建設工学科
      • 建築コース
      • 土木コース

所在地編集

  • 山口県萩市平安古544

関連項目編集

外部リンク編集