メインメニューを開く

山口県道248号下関港安岡線

日本の山口県の道路
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
山口県道248号標識
綾羅木駅前交差点

山口県道248号下関港安岡線(やまぐちけんどう248ごう しものせきこうやすおかせん)は、下関市南部町から下関市富任町1丁目に至る一般県道。2015年3月31日までは「下関港垢田線」であったが、下関北バイパスの開通に伴い終点側を延伸して国道191号の現道区間を編入し「下関港安岡線」に変更された[1][2]

目次

概要編集

路線データ編集

  • 起点:下関市南部町・唐戸交差点(国道9号交点)
  • 終点:下関市富任町1丁目・富任交差点(国道191号交点)
  • 総延長:8.8km

路線状況編集

  • 起点 - 東駅交差点(下関市向洋町1丁目)間には、1971年昭和46年)まで路面電車(山陽電気軌道、現サンデン交通)が走っていた。
  • 東駅交差点は唐戸方面と金比羅交差点(国道191号交点・彦島道路入口)方面が立体交差になっており、交通量もこの方面同士の通過が多いが、下関港安岡線は唐戸方面から右折して山の田方面に向かっている。なお、東駅 - 金比羅間は下関市道である。
  • 終点側の山の田交差点~富任交差点間は国道191号旧道である。

地理編集

 
山口県道57号と248号の重用区間。下関市田中町の北端から上田中町方面の写真。写真右の田中川を挟んで唐戸方面への車線がある。(2009年8月撮影)
 
旭交差点(横断方向が武久椋野線)。左が幡生駅方向、右が下関IC方向。奥に進むと山の田。(2009年8月撮影)

通過する自治体編集

  • 下関市

接続道路編集

沿線編集

脚注編集

  1. ^ 平成27年山口県告示第133号「県道路線の変更」 (PDF) 」 『山口県報』第2648号、山口県、2015年3月31日、 5頁、2015年4月13日閲覧。
  2. ^ 一般国道191号下関北バイパスの現道区間を移管~国管理から山口県および下関市管理へ~ (PDF)”. 国土交通省山口河川国道事務所 (2015年3月26日). 2015年4月13日閲覧。

関連項目編集