メインメニューを開く

山口県道354号妻崎開作小野田線

日本の山口県の道路

山口県道354号妻崎開作小野田線(やまぐちけんどう354ごう つまざきがいさくおのだせん)は、山口県宇部市妻崎開作から同県山陽小野田市西高泊に至る道路一般県道)である。一部区間が山口宇部小野田連絡道路に指定されている。

一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
山口県道354号標識
山口県道354号妻崎開作小野田線
制定年 1983年
起点 山口県宇部市妻崎開作
終点 山口県山陽小野田市西高泊
(長田屋橋交差点)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0190.svg国道190号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
本線の終点付近(山陽小野田市) 直進すると小野田IC・厚狭地区方面に至る

概要編集

宇部市西部(厚南地区)と山陽小野田市(旧小野田市)の臨海部を海沿いに結ぶ。JR小野田線とは妻崎駅から南小野田駅の間および本山支線の全区間で併走する。元々は山口県道218号妻崎開作小野田港線だったが、1983年昭和58年)に路線が延長されて現路線になった。

宇部湾岸道路地域高規格道路山口宇部小野田連絡道路)の街路部(一般道路部)の一部である、宇部市藤曲(藤曲ICそば)から同市妻崎開作の区間と、小野田湾岸道路区間の旧道にあたる、山陽小野田市大字東高泊横土手から山陽小野田市大字西高泊・高須交差点までの区間が本路線の支線(別線)に指定されている。

宇部市藤曲 - 同市東須恵(東須恵ICそば)間は宇部湾岸道路の街路部として整備された。また、山陽小野田市中川五丁目(中川五丁目交差点) - 同市新生三丁目(大塚交差点)間は小野田湾岸道路本線の一部である[1]

路線データ編集

  • 起点 : 宇部市妻崎開作(国道190号交点)
  • 終点 : 山陽小野田市新生三丁目(長田屋橋交差点=国道190号交点)

歴史編集

  • 1983年昭和58年) : 山口県道218号妻崎開作小野田港線の路線が延長され、現路線が指定。
  • 2007年平成19年)12月5日 : 宇部市妻崎開作 - 同市東須恵間の路線が開通。旧道(流川交差点 - 東須恵)は山口県道6号山口宇部線に変更された(宇部湾岸道路東須恵IC開通までの暫定措置)。
  • 2008年(平成20年)6月 : 山陽小野田市新生三丁目(大塚交差点 - 長田屋橋交差点間)(620m) のバイパスが開通。
  • 2014年(平成26年)12月20日 : 有帆川大橋・大塚高架橋を含む山陽小野田市中川五丁目(中川五丁目交差点) - 同市新生三丁目(大塚交差点)間が「小野田湾岸道路」として開通[1][2]。これにより未開通区間が解消された。

道路施設編集

主な橋梁編集

新有帆川大橋
有帆川を横断する。
  • 状態 : 建設中
  • 延長 : 478 m
  • 幅員 : 13.1 m
  • 支間長 : 110 m

地理編集

通過する自治体編集

自然編集

交差する道路編集

  • 国道190号(宇部市妻崎開作〔起点〕、山陽小野田市新生三丁目・長田屋橋交差点〔終点〕、山陽小野田市西高泊・高須交差点〔別線終点〕)
  • 山口県道223号小野田港線(山陽小野田市港町 - 山陽小野田市中央1丁目間で重用)
  • 山口県道71号小野田山陽線(山陽小野田市新生三丁目・長田屋橋交差点〔終点〕)

沿線の主な施設編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集