山口 知三(やまぐち ともぞう、1936年 - )は、ドイツ文学者、京都大学文学部名誉教授。

鹿児島に生まれる。1979年京都大学文学部独文科助教授、1990年主任教授、2000年定年退官。1989年共著『ナチス通りの出版社』で日本出版学会賞

トーマス・マンを研究、翻訳していたが、のち現代ドイツ史に移行。

著書編集

  • ドイツを追われた人びと 反ナチス亡命者の系譜 人文書院 1991
  • 廃墟をさまよう人びと 戦後ドイツの知的原風景 人文書院 1996
  • アメリカという名のファンタジー 近代ドイツ文学とアメリカ 鳥影社・ロゴス企画 2006
  • 激動のなかを書きぬく 20世紀前半のドイツの作家たち 鳥影社・ロゴス企画 2013
共著
  • ナチス通りの出版社 ドイツの出版人と作家たち 1886-1950 共著 人文書院 1989
  • さあ窓をあけよう! 初級ドイツ語文法 加藤丈雄共著 朝日出版社 1999

翻訳編集

  • 非政治的人間の考察 全3巻 トーマス・マン 前田敬作共訳 筑摩叢書 1968-71
  • 夫トーマス・マンの思い出 カーチャ・マン 筑摩書房 1975
  • トーマス・マン 反語的ドイツ人 エーリヒ・ヘラー 前田敬作共訳 筑摩書房 1975
  • トーマス・マン K.シュレーター 理想社 1981(ロ・ロ・ロ伝記叢書)
  • 20世紀の人間たち 肖像写真集 1892-1952 アウグスト・ザンダー リブロポート 1991