メインメニューを開く

山口義治

山口 義治(やまぐち よしはる、1980年9月15日 - )は、長崎県出身のプロ野球審判員。袖番号は2009年と2010年までは13。2011年からは53。

来歴・人物編集

佐世保実業高校九州国際大学、池田建設を経て、2009年パシフィック・リーグ審判員となる[1]2013年9月1日千葉ロッテマリーンズ北海道日本ハム20回戦(QVCマリンフィールド)で、初の一軍公式戦球審を担当。現役の審判員としては珍しく、低めをストライク判定することが多い。

2016年6月19日ヤクルト西武戦(神宮球場)にて一塁塁審を務めたが、3回裏の大引啓次の三塁ゴロと6回裏の中村悠平のバントを、いずれもアウトと判定。これに対して真中満監督が2度とも抗議したが判定は覆らず、試合後に名指しで批判された[2]2017年4月の二軍戦で、観客にユニフォームを盗難されるトラブルを起こした。結局、この試合では一塁の塁審を務めていた岩下健吾審判員の予備の球審のユニフォームを借りて試合を務め、事なきを得た。

2018年には同期入局の芦原英智と共にオールスター初出場を果たし、第2戦(7月14日、リブワーク藤崎台球場(熊本市))で球審を務めた[3]

審判出場記録編集

  • 初出場:2010年9月7日埼玉西武ライオンズ対北海道日本ハムファイターズ21回戦(西武ドーム)、二塁塁審。
  • 出場試合数:207試合
  • オールスター出場:なし
  • 日本シリーズ出場:なし

(記録は2017年シーズン終了時)[4]

脚注編集

  1. ^ 審判・記録員紹介 - CENTRAL LEAGUE
  2. ^ 真中監督も怒りの猛抗議-中日スポーツ 2016年6月20日紙面から
  3. ^ 試合速報(オールスターゲーム第2戦) - 日本野球機構オフィシャルサイト(2018年7月15日閲覧)
  4. ^ 山口 義治”. 日本野球機構. 2018年8月6日閲覧。