メインメニューを開く

山口鉄道部(やまぐちてつどうぶ)とは、かつて山口県山口市山口駅構内にあった西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道部の一つである。

本項目では、山口鉄道部車両管理室の前身である小郡運転区(おごおりうんてんく)についても記述する。

目次

山口鉄道部編集

概要編集

広島支社が管轄している。車両基地(山口鉄道部車両管理室)を有するとともに、「SLやまぐち号」の運転も担当しており、蒸気機関車の運転士養成も行っていた。

2009年6月の鉄道部再編に伴い、山口地域鉄道部ならびに下関総合車両所新山口支所に再編された。

車両管理室編集

山口鉄道部管下の車両基地で、新山口駅構内に施設がある。かつては、小郡運転区と称したが、1995年10月1日に山口鉄道部の下部組織となった。現在では下関総合車両所の出先機関である、下関総合車両所運用検修センター新山口支所となっている。

管轄路線編集

※管轄境界駅については、山口鉄道部が管理を担当している駅を記載している。

乗務員乗務範囲編集

運転士乗務範囲
  • 山口線 - 全線

なお山口線で1往復運転されている貨物列車は、山口線内に関しては列車の運行主体であるJR貨物の運転士ではなく山口鉄道部の運転士が乗務している。

車掌乗務範囲
  • 山口線 - 新山口 - 宮野
  • SLやまぐち号 - 新山口 - 津和野

所属車両の車体に記されていた略号編集

広島支社の略号である「広」と、山口の電報略号である「クチ」から構成された「広クチ」であった。

沿革編集

小郡運転区編集

小郡運転区は、かつて三田尻機関庫・小郡機関庫・小郡機関区であり、三田尻機関庫・小郡機関区は山陽本線の管轄として設置されており、蒸気時代は山口線を管轄する山口線管理所は津和野駅構内の小郡機関区津和野支区(旧・三田尻機関区津和野支区)に設置されていた。

所属車両の車体に記されていた略号編集

広島支社の略号である「広」と、小郡の電報略号である「コリ」から構成された「広コリ」であった。

所属車両編集

沿革編集

  • 1898年明治31年)3月17日 - 山陽鉄道徳山 - 三田尻(現・防府)間の開通と同時に、三田尻駅構内に三田尻機関庫が設置される。
  • 1928年昭和3年) - 三田尻機関庫が小郡駅(現・新山口駅)に移転し小郡機関庫に改称。
  • 1936年(昭和11年)9月1日 - 小郡機関庫を小郡機関区に改称。
  • 1973年(昭和48年)9月30日 - 山口線の定期列車、防府駅・小郡駅構内入換無煙化によりSL廃止。
  • 1974年(昭和49年)1月16日 - 山口線管理所が廃止され、小郡機関区津和野支区が発足[3]
  • 1979年(昭和54年)8月1日 - 山口線にSL運転が復活し、蒸気機関車を再配備。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR西日本に継承。小郡機関区から小郡運転区になる。
  • 1995年(平成7年)10月1日 - 山口鉄道部と統合して山口鉄道部車両管理室になり、廃止される[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 村上心『日本国有鉄道の車掌と車掌区』成山堂書店 2008年 ISBN 978-4425303410
  2. ^ a b 『JR気動車客車編成表』'00年版 ジェー・アール・アール ISBN 4-88283-121-X
  3. ^ 『国鉄気動車客車情報 61.11.1改正号』ジェー・アール・アール 1986年

参考文献編集

  • 『JR気動車客車情報』'87年版 ジェー・アール・アール 1987年
  • 『JR気動車客車編成表』'92年版 ジェー・アール・アール ISBN 4-88283-113-9