山吉 能盛(やまよし よしもり)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将越後国三条城代。蒲原郡郡代

 
山吉能盛
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
氏族 山吉氏
正室:長尾重景?
政久?
テンプレートを表示

略歴編集

永正4年(1507年)8月、上杉定実を擁立した長尾為景が反旗を翻し、越後守護上杉房能を急襲し自害に追い込んだ永正の乱で、能盛は為景に加担した。その後の揚北衆の反攻や房能の兄で関東管領上杉顕定の越後侵攻の際も、いずれも能盛は為景に与して、本成寺の僧兵らと共に三条城を死守した。