メインメニューを開く

山名 政氏(やまな まさうじ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将

 
山名政氏
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 不明
死没 不明
主君 足利尊氏
氏族 清和源氏新田氏山名氏
父母 父:山名義俊
上杉重房
時氏兼義

略歴編集

山名義俊の子として誕生。

新田義貞足利尊氏に対し挙兵すると、総領家である新田氏方にはつかず、室の親戚の足利氏方についた。室町幕府成立後もそのまま尊氏に従っている。

家督は子・時氏が継いだ。

先代:
山名義俊
山名氏当主
?- ?
次代:
山名時氏