メインメニューを開く

山名 政清(やまな まさきよ、生没年不詳)は、室町時代中期の武将守護大名石見美作守護。山名教清の子。官位は兵部少輔

長禄年間から石見・美作の守護を受け継ぎ、応仁元年(1467年)に応仁の乱が始まると宗家の当主山名宗全に従って西軍に所属して戦った。この際、美作を山名忠政に任せていたが後に忠政軍も京に上ったため、この隙に美作を赤松政則に奪われ、守護職も交代させられた。文明9年(1477年)の大乱終結時には石見も大内政弘に替えられたが、その後の消息は不明。

参考文献編集

関連項目編集