メインメニューを開く

山名 義範(やまな よしのり)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将御家人山名氏の祖。

 
山名義範
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 不明
死没 不明
別名 通称:三郎/太郎
官位 伊豆守
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼朝
氏族 清和源氏新田氏山名氏
父母 父:源義重[1]
兄弟 里見義俊義範新田義兼得川義季額戸経義祥寿姫源義平正室)、
矢田義清室、武田信光室、那須与一室?、得河義秀?
矢田義清の娘
義節重国の父)

略歴編集

新田義重の庶子として誕生。上野国多胡郡八幡荘の山名郷[2]を与えられ、山名氏を称した。

承安5年/安元元年(1175年)から安元3年/治承元年(1177年)頃には豊前国宇佐八幡宮を勧請し、山名八幡宮を建立している。他の兄弟と比較されて義範のみ新田荘内の所領を分与されず、また、極端に少ない所領しか相続しなかったことから、新田氏の庶流の中でもかなり冷遇されていたと見られる。

父・義重は治承4年(1180年)8月に挙兵した源頼朝の命になかなか従おうとしなかったために、頼朝から不興を買って鎌倉幕府成立後に冷遇されたが、逆に義範はすぐさま頼朝の下に馳せ参じたため「父に似ず殊勝」と褒められ、源氏門葉として優遇された。治承8年(1184年)2月の源義経率いる平氏追討軍に参加。文治元年(1185年)8月には伊豆に任じられる。文治5年(1189年)7月の奥州合戦に従軍。建久元年(1190年)、頼朝の上洛に供奉。建久6年(1195年)の2度目の上洛では東大寺供養の際に頼朝に近侍し、その嫡子・頼家の参内にも従っている。

いち早く頼朝のもとに参陣したのは、早くから足利氏との縁があったためであると伝わる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 尊卑分脈』足利氏の項では岳父・矢田義清が父で、義清の妻である義重の娘との間に生まれた子とする。
  2. ^ 現在の群馬県高崎市山名町周辺。