メインメニューを開く
山地元治
山地 元治
迅衝隊(前列左から伴権太夫板垣退助(中央)、谷乙猪(少年)、山地忠七。 中列、谷神兵衛谷干城(襟巻をして刀を持つ男性)、山田清廉、吉本平之助祐雄。 後列、片岡健吉真辺正精、西山 榮、北村重頼、別府彦九郎)

山地 元治(やまじ もとはる[1]、やまち もとはる[2]天保12年7月25日1841年9月10日) - 明治30年(1897年10月3日)は、土佐藩士、迅衝隊士日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将従二位勲一等功三級子爵。幼名・忠七。

目次

来歴編集

土佐藩士(馬廻役・150石)山地元恒の長男として高知城下小高坂越前町に生まれる。藩主の小姓役、足軽隊長を経て、慶応3年(1867年)から歩兵小隊司令をつとめる。鳥羽・伏見の戦いでは独断で新政府に与して幕府側に攻撃し、戊辰戦争では迅衝隊七番隊長、胡蝶隊長として東北各地を転戦した。明治元年(1868年)には大隊長となり、翌年、戦功によって賞典禄150石を授けられた。

明治4年(1871年)、御親兵として上京して陸軍中佐に昇任した。征韓論争では、板垣や後藤象二郎ら土佐藩出身とともに下野する。帰郷した後は、板垣等とともに自由民権運動に挺身しようと盟約を結んだものの、今後の方針を巡って板垣と対立(※詳細は板垣清子項に記載)をした結果、陸軍に復帰した。

近衛6番大隊長等を経て、明治10年(1877年)3月から10月まで歩兵第4連隊長として西南戦争に出征し、別働第3旅団参謀長として戦傷を受けた。のち、歩兵第3連隊長や歩兵第12連隊長などを経、明治14年(1881年)2月には陸軍少将として熊本鎮台司令官をつとめた。

大阪鎮台司令官、歩兵第2旅団長、再度の熊本鎮台司令官を歴任し、明治19年(1886年)12月、陸軍中将。明治20年(1887年)5月24日、男爵[3]第6師団長を経て、第1師団長として日清戦争に出征し、金州旅順、田庄台などを攻略した。明治28年(1895年)8月、子爵。さらに、西部都督を勤めたが、山口県防府市三田尻にて死去した。

逸話編集

墓所編集

山地元治の墓所はかつて青山霊園にあった    
が、現在は存在しない。1971(昭和46)年8月11日の高知新聞の夕刊と1975(昭和50)年1月1日発行の南国土佐(33号)という雑誌に、「身売り待つ山地元将軍碑」という記事が掲載されていた。この碑は元々は青山霊園の墓所にあったもので、調布市国立天文台調布飛行場、旧米軍府中基地通称関東村の近くの国道20号線甲州街道沿いの三叉路の角に放置されていたようである。これを偶々散歩をしていた老人が見つけたという。また近くには1964年の東京五輪のマラソンの引き返し地点の碑がある。恐らく現在の味の素スタジアムの敷地であろう。山地将軍の碑は仙台石で出来ており、高さは一間半近くで横は半間あまり、厚さは一尺近い立派の碑であり、傷一つなく正確に文字が読み取れた。陸軍中将従二位勲一等功三級子爵山地君之碑とあり、撰文男爵細川潤次郎で、書陸軍中将正四位勲二等功三級男爵阪井重季である。碑を所有していたのは新宿に本社がある世界堂で、庭園の石橋にして売り飛ばそうとしていた。高知の郷土の人々などは高知県に保存を打診したが、軍人ということもあってか難しかったのだろうか。今現在は売り飛ばされ庭園の石橋になってしまったであろう。この碑が他所にあるということは、1970年には山地元治の墓は無縁仏になってしまったのだと思われる。現在、山地元治の墓自体存在しないということだろう。

栄典編集

家族編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本人名大辞典、講談社
  2. ^ 国史大辞典、吉川弘文館
  3. ^ 『官報』第1169号、明治20年5月25日。
  4. ^ 週刊ポスト 2012年5月25日号 22頁
  5. ^ 『官報』第3746号「叙任及辞令」1895年12月21日。
  6. ^ 『官報』第4280号「叙任及辞令」1897年10月6日。
  7. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  8. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  9. ^ 『官報』第3862号・付録「辞令」1896年5月16日。

参考文献編集

『路傍に放棄された碑-山地元治』

関連項目編集


日本の爵位
先代:
陞爵
子爵
山地(元治)家初代
1895年 - 1897年
次代:
山地元彦
先代:
叙爵
男爵
山地(元治)家初代
1887年 - 1895年
次代:
陞爵