メインメニューを開く

山室 恭子(やまむろ きょうこ、1956年5月5日[1]- )は、日本歴史学者東京工業大学教授。専門は日本近世史。東京都出身。

目次

人物編集

1979年東京大学文学部国史学科卒業。同大学院人文科学国史学研究科博士課程満期退学。1995年「中世のなかに生まれた近世」で文学博士。1982年より東京大学史料編纂所助手。1993年東京工業大学助教授、98年教授。1991年『中世のなかに生まれた近世』でサントリー学芸賞(思想・歴史部門)を受賞。

著書編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』

外部リンク編集