メインメニューを開く

山室 惠(やまむろ めぐみ、1948年3月8日 - )は、日本の元裁判官弁護士(弁護士法人 瓜生・糸賀法律事務所顧問)。男性。熊本県出身。裁判官としては、主に刑事事件を担当した。警察庁「捜査手法、取調べの高度化を図るための研究会」委員。

目次

人物編集

社会的に注目を集めた事件を数多く担当し、中には事件そのものよりも裁判官としては異例ともいえる公判中の発言や説諭で世間の注目を集め、有名な事件となったケースもある。

主な担当事件編集

東京地方裁判所刑事第5部の裁判長として、以下の事件を担当した。

  • 1998年5月26日、地下鉄サリン事件の実行犯、林郁夫被告人)に無期懲役判決を言い渡した。他の実行犯に死刑判決が出るたびに、無期でよかったのか悩んだという[1][2]
  • 1998年10月23日、同じくオウム真理教事件坂本堤弁護士一家殺害事件などに関与した岡崎一明に対しては死刑判決を言い渡した。
  • 1999年5月27日、JT女性社員逆恨み殺人事件で、被告人の男に無期懲役の判決を言い渡した(求刑死刑)。控訴後この判決は東京高等裁判所で覆され死刑判決がなされ、最高裁判所で死刑判決が確定、2008年に死刑が執行された。山室は、このとき被告人の男を「強姦された女性が警察に届けるのは当たり前だろう!」と法廷で怒鳴りつけている。
  • 2001年8月27日、児童買春をした12年後輩の村木保裕元東京高裁判事の裁判で「言葉は悪いが、単なるロリコン、単なるスケベおやじだったのではないのか」などと述べ、最後の公判で何度も頭を下げる村木に対し「まさかこういうことで裁判官を裁くとは思っていなかったよ」と発言をした。これは判例から考え実刑判決を下すことが難しかったことから、裁判官のかばい合いと思われないよう、あえて厳しい発言をしたものであるという[1]
  • 2002年2月19日、三軒茶屋で銀行員を暴行死にいたらしめた少年2人に対し、コンサートで聴き感動したさだまさしの「償い」という曲を引用して説諭した。死亡という結果に対し、懲役3-5年の不定期刑という軽い刑になったことから、心の底から反省を促したいという思いによるものであったという[1]
  • 2003年3月4日、リクルート事件の判決で江副浩正(被告人)に懲役3年・執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。

エピソード編集

  • 1997年10月から東京地方裁判所部総括判事(裁判長)を務めていたが、2004年1月他の地裁所長への栄転の内示を受ける。しかし「公判をゼロから作り上げる地裁の裁判長ほど、やりがいのある仕事はない。」という現場へのこだわりがあり、この所長栄転人事を拒否し退官する旨を最高裁判所事務総局に伝えた。同年4月に退官含みで東京高等裁判所判事に異動となり、同年6月に退官、東京大学法科大学院教授に就任した[1]
  • 検察側、弁護側双方に厳しく、内容の重複した証人尋問には厳しい注意を行い[1]、また、もたついたり、だらだらしていると山室が感じた場合にも注意をするため、強権的という印象を持たれ、弁護士からは山室が裁判長を務める国選弁護事件は裁判所に話をなかなか聞いてもらえないとして避けられていた。野次る傍聴人に対しても、威圧的に退廷させるなど、厳しい態度をとっていた[3]。司法修習生にも厳しく、修習生が法廷で居眠りしている際には叱り付け[1]、「何をやっているのか分かっているのか」と一喝し、退廷させたこともある[3]
  • 自己に対しても厳しく、法廷で眠気を催した際には、金属製クリップの先端で手のひらを刺すなどして、眠気を覚ますように努めていた[1]

略歴編集

著書編集

  • 『刑事尋問技術(改訂版)』(編著)(ぎょうせい、2006年)
  • 『アメリカの刑事手続』(ローク・M・リード、井上正仁と共著)(有斐閣、1987年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 読売新聞2004年4月6日付
  2. ^ ほぼ日刊イトイ新聞 - ぼくは見ておこう - 2010年6月8日更新分
  3. ^ a b 『裁判官 Who'sWho 東京地裁・高裁編』(現代人文社、2002年)
  4. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.200

外部リンク編集