メインメニューを開く

山室 直儀(やまむろ ただよし[1])は、日本アニメーター。神奈川県小田原市に生まれる。武蔵野美術大学 デザイン学部 芸能デザイン学科(現・空間演出デザイン学科)卒業。進藤プロダクションでアニメーション制作の修行を積む。その後独立し、東映アニメーション専属アニメーターとなる。若い頃より、多くの作品で作画監督を務めた。2015年4月18日公開の映画「ドラゴンボールZ 復活のF」では、監督と作画監督を兼任した。この作品は、「第39回 日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞」を受賞した。少林寺拳法四段。

来歴編集

初期には『天使のたまご』や『天空の城ラピュタ』といった映画作品にてアニメーターとして参加した。

テレビアニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』に動画で参加して以降、同じ放送枠の『ドラゴンボール』『ドラゴンボールZ』『ドラゴンボールGT』『ドクタースランプ』で鳥山明原作作品に関わり続ける。1991年に同じ進藤プロの進藤満尾から引き継ぐ形で作画監督に就き、高水準の作画で注目を集める。東映動画(当時)に移籍後は、前田実中鶴勝祥佐藤正樹に代わる『ドラゴンボール』シリーズのトップアニメーターの役割を担うこととなった。

本人は少林寺拳法をやっており、「アクション作品がやりたい」と思っていたところ『ドラゴンボール』が始まり「やった!!」と思ったと話している[2]

その後、DVD版『ドラゴンボール』シリーズのパッケージイラストなどで鳥山明作品に携わる一方、『ONE PIECE』や『デジモン』シリーズ等の制作にも参加し高い作画力を見せる。

近年[いつ?]では、総作画監督とキャラクターデザインを務めた2008年の『墓場鬼太郎』で高い評価を得た。

担当作品編集

テレビアニメ編集

1986年

1987年

1988年

1989年

1996年

1997年

1999年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

  • ドラゴンボール超(キャラクターデザイン、作画監修、絵コンテ、総作画監督、作画監督)

劇場アニメ編集

1984年

1985年

1986年

1988年

1990年

1991年

1993年

1994年

1995年

1996年

2000年

2001年

2002年

2004年

2005年

2006年

2007年

2009年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

OVA編集

コンピュータゲーム編集

漫画編集

テレビ出演編集

※1993年6月 フジテレビ系「ウゴウゴルーガ」内「おしごといっぱい」コーナーにてアニメーターとしてテレビ出演した。

※2013年3月24日 フジテレビ「ほこ×たて ドラゴンボールクイズ対決」にて、ドラゴンボールマニアと対決する、アニメーション制作者としてテレビ出演した。

※2015年2月23日 NHK「クローズアップ現代 逆襲なるか 日本アニメ」にて、アニメーション制作者としてテレビ出演した。

出典編集

  1. ^ 『DRAGONBALL 金色の戦士』 ISBN 978-4-8342-8413-3
  2. ^ 吉倉英雄編「あのころのDB 『ドラゴンボールZ』キャラクターデザイン山室直儀インタビュー」『DRAGON BALL アニメイラスト集 金色の戦士』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年4月16日、ISBN 978-4-8342-8413-3、50-51頁。