山岡 景佐(やまおか かげすけ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将

 
山岡景佐
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 享禄4年(1531年
死没 天正17年(1589年)1月
改名 景佐→宗入(法号)
別名 景祐、景成
墓所 京都府京都市東山の知恩寺養源院
官位 対馬守
主君 六角氏織田信長羽柴秀吉徳川氏
氏族 山岡氏
父母 父:山岡景之
兄弟 景隆景佐景猶景友景冬景光景重景国、暹実
山口盛隆
景長景忠
酒井忠次養女(本郷頼泰室→曽我尚佑室)
テンプレートを表示

生涯編集

享禄4年(1531年)、山岡景之の次男として誕生。当初は六角氏に仕えたが、永禄11年(1568年)頃に織田信長が上洛を果たすと降伏。弟・景猶と共に信長配下の明智光秀に属し、元亀3年(1572年)降伏した松永久秀に代わり多聞山城の城番や、天正4年(1576年)4月の本願寺攻めに参加した。

光秀の丹波国平定には参加しておらず、この頃は信長や佐久間信盛の下で茶会に参加した記録(『宗及記』)が多く見られることから、兄・景隆と同じく佐久間信盛の与力に属したか、信長の直臣となったと考えられる。以後、天正7年(1579年)の有岡城攻め、天正9年(1581年)の伊賀国攻めなどに従軍。天正10年(1582年)、信長最後の上洛の際には蒲生賢秀と共に、安土城二の丸の番衆を務めた。

天正10年(1582年)6月、本能寺の変で信長が死去すると、光秀からの勧誘を受けるが、兄・景隆と共に光秀に対し抵抗姿勢を示す。また徳川家康伊賀越えを助けたともいわれる。以後、羽柴秀吉に属して伊勢国へ出陣したが、天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦い後、柴田勝家に内応したとの嫌疑をかけられ、兄と共に改易された。その後、徳川氏の家臣となった。

天正17年(1589年)1月に駿府にて死去。享年59[1]

脚注編集

  1. ^ 一説に天正16年(1588年)1月11日死去ともいわれる。