山岡 清二(やまおか せいじ、1936年8月- )は、日本のジャーナリスト、国際政治学者東洋英和女学院大学名誉教授。

大阪府生まれ。1962年国際基督教大学卒業。共同通信記者、米国務省通訳官、ワシントン・ポスト記者(東京支局)を経てフリーとなり、評論、翻訳、通訳、ラジオ時事解説、コンサルティングなど。衆議院国際会議課顧問、文部省教科書審議会委員(外国語部会長)、『ニューズウィーク日本版』編集顧問など。1988年東洋英和女学院短期大学国際教養科教授、2001年東洋英和女学院大学・国際社会学部教授。2007年定年退任、名誉教授。

著書編集

  • 『霧の中のCIA』(政治広報センター) 1977.4
  • 『Alternative English 山岡清二の軍縮英語教室 英語を勉強しながら激動する国際情勢を読む』(にんげん社) 1989.1

翻訳編集

※のち改題『代議士の誕生』(大野一による改訂改訳、日経BPクラシックス) 2009
  • 『仮面のアメリカ人 日系二世の米国観と日本観』(ダニエル・I・沖本、サイマル出版会) 1971、のち改題『日系二世に生まれて』
  • 『名を奪われて ある朝鮮人作家の回想』(リチャード・E・キム、サイマル出版会) 1972、のち改題『名を喪って』
  • 『アメリカ強制収容所 屈辱に耐えた日系人』(ミチコ・ウェグリン、政治広報センター) 1973
  • 『アメリカ外交と官僚 政策形成をめぐる抗争』(モートン・H・ハルペリン、サイマル出版会) 1978
  • 『栄光の男たち コルビー元CIA長官回顧録』(ウィリアム・E・コルビー大前正臣共訳、政治広報センター) 1980.2
  • 『アメリカ議会と法案審議のしくみ』(アメリカ下院編、経済広報センター) 1981.3
  • 『エスタブリッシュメント アメリカを動かすエリート群像』(レナード&マーク・シルク、TBSブリタニカ) 1981.5
  • 『アメリカ経済は何故こうなったか』(デビッド・P・カレオ、日本放送出版協会) 1983.8
  • 『「日本型政治」の本質 自民党支配の民主主義』(ジェラルド・カーティス、TBSブリタニカ) 1987.10

参考編集

  • 著書に記された略歴、J-Global