メインメニューを開く

山崎 亮一(やまざき りょういち、1957年11月-)は、日本の農業経済学者、東京農工大学教授。

経歴編集

北海道札幌市出身。1978年札幌南高等学校卒。1986年北海道大学大学院修了、農林水産省入省。農業研究センターと国際農林水産業研究センター(JIRCAS)に勤務。農林水産省在職中に、フランス政府給費留学生およびベトナム長期在外研究員。

1997年酪農学園大学農学部、助教授。2006年酪農学園大学農学部、教授。2009年東京農工大学大学院共生科学技術研究院、教授。2016-2017年農業問題研究学会代表幹事[1]

著書編集

  • 『労働市場の地域特性と農業構造』農林統計協会 1996
  • 『周辺開発途上諸国の共生農業システム:東南アジア・アフリカを中心に』農林統計協会 2007
  • 『グローバリゼーション下の農業構造動態:本源的蓄積の諸類型』御茶の水書房 2014
  • 『農業経済学講義』日本経済評論社 2016

共編著編集

  • 『労働市場と農業:地域労働市場構造の変動と実相』編著 筑波書房 2008
  • 『現代「農業構造問題」の経済学的考察』編著 農林統計協会 2010
  • 『伊那谷の地域農業システム:宮田方式と飯島方式』星勉共編著 筑波書房 2015

脚注編集

  1. ^ 農問研ニュース 第16号”. 2019年1月18日閲覧。

外部リンク編集