メインメニューを開く
本来の表記は「山﨑勇喜」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

山崎 勇喜(やまざき ゆうき、1984年1月16日 - )は日本男性陸上競技選手。専門は競歩2008年北京オリンピックでは50Km競歩で7位入賞を果たした。富山県出身。長谷川体育施設を経て、現在は陸上自衛隊自衛隊体育学校)に所属。階級は一等陸尉

山崎 勇喜 Portal:陸上競技
Osaka07 D8M Yuki Yamazaki Helpers.jpg
世界陸上大阪大会での山崎
選手情報
フルネーム 山崎 勇喜
国籍 日本の旗 日本
種目 競歩
所属 自衛隊体育学校
大学 順天堂大学
生年月日 (1984-01-16) 1984年1月16日(35歳)
出身地 富山県富山市
身長 179cm
体重 63kg
自己ベスト
20km競歩 1時間20分38秒(2003年)
50km競歩 3時間40分12秒(2009年、日本歴代5位)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

来歴編集

学生時代編集

富山商業高校時代の2001年9月23日5000m競歩にて日本高校新記録、日本Jr最高記録となる19分35秒79を記録。2002年1月の日本陸上競技選手権大会20km競歩では高校生ながら1時間20分43秒の日本ジュニア最高記録(当時)で優勝。

なお、2011年6月現在も、5000m競歩の日本高校記録保持者である[1] が、インターハイには北信越大会で失格したため出場していない。また、関東・日本インカレのタイトルとも無縁。順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツマネジメント学科へ進学した。

釜山アジア競技大会20Km競歩は、歩幅違反のため途中で失格。2004年アテネオリンピックに日本代表として出場したが、20km競歩は途中棄権、50km競歩は16位に終わった。

2005年8月、世界陸上ヘルシンキ大会の50Km競歩では途中で嘔吐するアクシデントが有りながらも、結果8位入賞を果たした。

社会人時代編集

2006年、順天堂大学を卒業後に社会人陸上の強豪・長谷川体育施設へ入社。同年4月16日日本陸上競技選手権大会50km競歩に出場し、3時間43分38秒のタイムで日本記録を更新する。同年のドーハアジア競技大会は20km競歩で出場したが4位に留まった。

2007年9月、世界陸上大阪大会男子50km競歩に出場。序盤から世界記録保持者で同大会に優勝したネーサン・ディークスらと先頭争いを繰り広げたものの、レース終盤で暑さと疲労により極端に失速。意識朦朧とする中、競技役員の誘導ミスという大失態により、規程の周回数を1周残して陸上競技場長居スタジアム)へ入ってしまい、レース周回不足のままゴールした山崎は途中棄権という扱いとなった[2]。大会組織委員会は運営ミスを認め、山崎に対し謝罪した。なおこの世界陸上大阪大会は、翌2008年開催の北京オリンピック日本代表選考レース[3] も兼ねており、審判員及びコース誘導員のミスが無ければ8位入賞、その時点で北京五輪代表に内定する可能性があった。なお、1996年アトランタオリンピックの同種目でも、Duane Cousins(オーストラリア)が係員の誘導ミスにより棄権扱いとなっている。

  • しかしこの誘導ミスが無かったとしても、後日山崎本人は「8位入賞は無理だった」とコメントしている。実際山崎は、残り5km辺りからフラフラとなりラップタイムは急激にペースダウン、残り3kmを過ぎて5位→9位に順位を落としていた為、もし完歩を果たせても最終的には15位前後まで後退してのゴールと推測された。またコーチである鈴木従道は「どっちみちあのまま歩き続けていたら途中で倒れていた可能性が高い」とも語っている。

2007年9月、全日本実業団対抗選手権の男子10000m競歩で優勝。2006年に続いて2連覇を果たす。また、強化の一環としてここ数年、日本競歩チームが取り組んでいるサロマ湖100キロウルトラマラソンを競歩で出場し、完歩している。

2008年8月、北京オリンピック男子50km競歩では、体調万全で臨めなかったものの、3時間45分47秒の7位でフィニッシュ。オリンピックで競歩の種目では、男女を通じて日本勢初の入賞となった。

2008年10月の全日本50km競歩高畠大会2009年4月の日本陸上競技選手権大会50km競歩で日本記録を更新。同年8月、世界陸上ベルリン大会の男子50キロ競歩に出場したが、途中3度の歩型違反を取られて失格、完歩は出来なかった。

2010年5月のワールドカップ競歩チワワ大会50km競歩で日本選手初の6位入賞。11月のアジア大会の代表に選ばれていたものの、故障のため欠場した。

2012年4月15日、日本選手権に出場した。3時間41分47秒で優勝し、ロンドンオリンピックへの派遣標準記録の3時間52分も切り、3大会連続でのオリンピック出場が決定した[4]

2012年8月、ロンドンオリンピック男子50km競歩に出場。序盤から先頭集団でレースを進めるも、途中3回の歩型違反を取られ18km過ぎで失格した。

自己記録編集

脚注・出典編集

外部リンク編集