山崎巌 (脚本家)

日本の脚本家、小説家

山崎 巌(やまざき がん、1929年11月4日[1] - 1997年3月8日)は、日本の脚本家小説家である。

やまざき がん
山崎 巌
本名 山崎 岩男 (やまざき いわお)
生年月日 (1929-11-04) 1929年11月4日
没年月日 (1997-03-08) 1997年3月8日(67歳没)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
死没地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市中区
職業 脚本家小説家
ジャンル 映画テレビ映画小説
配偶者 山崎洋子
主な作品
映画
小林旭主演「渡り鳥シリーズ
テレビ映画
大江戸捜査網
プレイガール
小説
夢のぬかるみ
テンプレートを表示

人物・来歴 編集

1929年(昭和4年)11月4日神奈川県横浜市に生まれる[1]

第二次世界大戦終了後、明治大学専門部文科を卒業し、化粧品をセールスしたり、通訳を務めたり、 1950年(昭和25年)6月に勃発した朝鮮戦争で設立された特需会社、あるいは相互金融会社に勤務した[1]

1955年(昭和30年)、同年下村明が発表した小説『黒帯三国志[2]の映画化に参加、松浦健郎谷口千吉とともに脚色した。同作は、谷口が監督、東宝が製作して、翌1956年(昭和31年)1月29日に公開され、映画脚本家としてデビューした[3]。デビュー第2作は、同年、ひきつづき松浦とともに宮本幹也の小説『大学の石松』を脚色、伊賀山正徳が監督し、東映東京撮影所が製作、東映が配給して同年5月18日に公開された[4]

オリジナルシナリオ『浮草の宿』が日活に採用され、鈴木清太郎(現在の鈴木清順)が監督し、1957年(昭和32年)1月9日に公開される[5]。同年、日活と脚本家として専属契約を結んだ。以降、1970年(昭和45年)、日活を退社、フリーランスとなるまでに、100本を超える脚本を執筆した[6]

1991年(平成3年)、新潮社から時代小説『五稜郭へ六万両』を書き下ろしで上梓、小説家としてデビューする。1993年(平成5年)には自伝的小説『夢のぬかるみ』を同社から上梓する。

1997年(平成9年)3月8日、横浜市中区横浜掖済会病院尿管癌のため死去した。満67歳没。妻は小説家の山崎洋子[7]

フィルモグラフィ 編集

初期 編集

1956年

日活 編集

1957年
1957年
1959年
1960年
1961年
1962年
1963年
1964年
1965年
1966年
1967年
1968年
1969年
1970年

フリーランス 編集

1971年
1973年
1976年

テレビ映画 編集

著書 編集

国立国会図書館蔵書[8]

  • 『五稜郭へ六万両』新潮社(新潮書下ろし時代小説)、1991年
  • 『夢のぬかるみ』新潮社、1993年
  • 『爆殺航路』PHP研究所、1995年

編集

  1. ^ a b c 『日本映画の模索 - 講座日本映画 6』、編著今村昌平新藤兼人山田洋次佐藤忠男鶴見俊輔岩波書店、1987年 ISBN 4000102567, p.193.
  2. ^ 黒帯三国志国立国会図書館、2010年1月22日閲覧。
  3. ^ 黒帯三国志日本映画データベース、2010年1月22日閲覧。
  4. ^ 大学の石松、日本映画データベース、2010年1月22日閲覧。
  5. ^ 浮草の宿、日本映画データベース、2010年1月22日閲覧。
  6. ^ 山崎巌、日本映画データベース、2010年1月22日閲覧。
  7. ^ 山崎洋子直木賞のすべて、2010年1月22日閲覧。
  8. ^ OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2010年1月22日閲覧。

外部リンク 編集