メインメニューを開く

山崎 庸佑(やまざき ようすけ、1934年11月9日[1] - )は、日本の哲学者、九州大学名誉教授。

目次

略歴編集

高知県香美郡野市町(現・香南市)出身。東京大学大学院修了。1981年「現象学研究」で九州大学文学博士駒澤大学文学部助教授、九州大学文学部助教授、教授。1999年定年退官、名誉教授、日本大学教授、2006年退職[2]。1977年山崎賞受賞。

著書編集

  • ニーチェと現代の哲学』理想社 1970
  • 『現象学の展開 感性の現象学と哲学の諸問題』新曜社 1974
  • 『人類の知的遺産 54 ニーチェ』講談社 1978 講談社学術文庫 1996
  • 『現象学と歴史の基礎論』新曜社 1980
  • 『現象学から歴史哲学へ』哲学奨励山崎賞選考委員会 [著]. 河出書房新社 1981
  • 『生きる根拠の哲学 ニーチェの場合』 (レグルス文庫) 第三文明社 1981
  • 『超越論哲学 経験とその根拠に関する現象学的省察』新曜社 1989
  • 『自己の研究 倫理の哲学的基礎』北樹出版 1998
  • 『孤独と不安 二十世紀思想史の一断面』北樹出版 2000
  • 『自と他の哲学 <観念論論駁>とその周辺』冨山房 2002

編著編集

  • カント超越論哲学の再検討 あるいは最新版「哲学」案内』編著 北樹出版 1987

翻訳編集

  • L.ラントグレーベ『現象学の道 根源的経験の問』甲斐博見高橋正和共訳 木鐸社 (思想史ライブラリー) 1980

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ 山崎庸佑先生略歴・業績目録 (藤本隆志先生・山崎庸佑先生古稀記念特集号) 精神科学 (44), 巻頭17-26, 2006