山﨑 立士(やまざき たつじ)は、日本テレビアニメプロデューサーアニメーション監督脚本家

人物・来歴編集

かつてはアニメスタジオ「銀河帝国」で真下耕一石山タカ明に師事しながら『ドミニオン』などOVAの演出助手・演出を務めていた。

1990年、プロデューサーに転向し、旭通信社(後のADKグループ)に入社。併せて日本アドシステムズに所属。以後、数多くのアニメーション作品をプロデュース。ペンネームで脚本も手掛けた。

ドラえもん』では大山ドラ末期に亀山泰夫の後任としてチーフプロデューサーに就任し、その流れで2005年のリニューアルにも関与した。他、長期にわたって断続的に制作・放送された『夏目友人帳』を立ち上げた。

2012年ごろにADKを退社してフリーとなり、再びアニメーション演出家として活動する。2013年の『鉄人28号ガオ!』で監督デビュー。

好物は日本酒とワインである。

作品編集

ASATSUでの作品編集

1990年
1991年
1992年
1993年
1995年
  • H2(プロデューサー)
1996年
1997年
1998年

ADKでの作品編集

2001年
2002年
2003年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年

NASでの作品編集

1990年
1992年
1993年
1994年
1995年
1998年
1999年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年

演出家としての作品編集

2013年
2016年
2018年
2020年