メインメニューを開く

山崎 美成(やまざき よししげ、寛政8年(1796年) - 安政3年7月20日1856年8月20日))は、江戸時代の随筆家、雑学者。

経歴編集

江戸下谷長者町の薬種商長崎屋の子。諱は美成、字は久卿、通称新兵衛、久作。号は好問堂、北峰。家業を継いだが学問に没頭し破産[1]。国学者・小山田与清に師事。文政3年(1820年)から随筆『海録』に着手。文政7年(1824年)、曲亭馬琴らの耽奇会、翌年から同じく兎園会に参加し中心人物となる。

柳亭種彦屋代弘賢中村仏庵ら考証収集家と交わり流行の江戸風俗考証をおこなう。晩年は営利目的のいわば企画もの編著が増えた。

著作編集

  • 『赤穂義士一夕話』近代デジタルライブラリー:[1]
  • 『忠臣蔵の男たち 現代語訳『赤穂義士伝一夕話』』長谷圭剛編訳 展望社 1999
  • 「无名翁随筆」「新吉原略記」『燕石十種』
  • 「博戯犀照」『続燕石十種』国書刊行会
  • 『海録 江戸考証百科』ゆまに書房 1999
  • 『隠語』『隠語辞典集成』大空社、1997
  • 「世事百談」『日本随筆大成』吉川弘文館
  • 「三養雑記」『日本随筆大成第二期』吉川弘文館
  • 「麓の花」同第三期

脚注編集

  1. ^ 『日本随筆大成』第2期第24巻 P2

参考文献編集

  • 朝日日本歴史人物事典(ロバート・キャンベル):[2]
  • 飯沼三和子「山崎美成の書誌学 序説」『学苑』1996
  • 飯沼三和子「山崎美成--『国書総目録』・『古典籍総合目録』による著作年譜のこころみ」『私立大学図書館協会会報』1996年6月

美成が登場するフィクション編集