メインメニューを開く

山崎 行太郎(やまざき こうたろう、1947年1月26日 - )は、日本文芸評論家、インタビュアー、ブロガー。鹿児島県出身。東京工業大学埼玉大学非常勤講師を経て、2016年現在は日本大学芸術学部非常勤講師[1]

来歴・活動編集

鹿児島県立甲南高等学校慶應義塾大学文学部哲学科卒、同大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。

大学院修了後より、友人・岳真也らと同人誌『蒼い共和国』を創刊し、その後身である『二十一世紀文学―されど文学、されど21』にも参加し、三田誠広笹倉明と共に編集委員を務めている[2][3]。その後、学部生時代より個人的に親交を深めていた江藤淳柄谷行人などの影響を受けながら、『三田文学』に三島由紀夫小林秀雄に関する論評を投稿し始める。これまで『海燕』、『すばる』、『文學界』、『群像』などの文芸誌や、『週刊読書人』、『図書新聞』などにも、文芸批評・随筆などを寄稿し、一時期、産経新聞でもコーナーコラム「斜断機」の執筆スタッフの一員として参加していた。文学者・批評家へのインタビュアーとして活動する傍ら、自ら座談会や対談にも参加している。 批評家としては小林、江藤、柄谷などを師と仰ぎつつ、「イデオロギー批評」や「芸術主義的テクスト論」などに対抗して、「イデオロギーから存在論へ」をモットーに「存在論的批評」を目指すと公言している[2]

1991年には、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷、中上健次津島佑子田中康夫らと共に『湾岸戦争に反対する文学者声明』に署名し、1995年11月には、憂国忌第25回での講演を機に、「憂国忌」発起人の一人となる[2][4]

大学非常勤講師や批評活動の傍ら「江古田哲学研究会」を主宰し、一般人向けに哲学関連の講義などを行っており、時に「哲学者」の肩書きを使用する。

問題となった発言編集

  • 『週刊読書人』や『図書新聞』に寄稿していた時期に、絓秀実渡部直己などと口論に至り、絓に対して学歴差別とも受け取れるような発言をした。その後、この言動については、絓本人から、渡部との対談内で「今の文学界が学閥的なものでなくなっていることをまるで認識できていない」と批判されている[5]
  • 自身が執筆を担当した分の「斜断機」の記事内で松本健一大西巨人を挑発したこともあり、特に大西との一件では、長男・赤人からもこの時の山崎の発言内容を自身の公式サイトにて非難されている[6][7]
  • 2007年11月、「沖縄集団自決裁判」関連では、大江健三郎の『沖縄ノート』の内容を擁護する立場から、『ある神話の背景』において曽野綾子が『沖縄ノート』の「罪の巨塊」を「罪の巨魂(魁)」と誤記・誤読したことが全ての原因であるとして、曽野や小林よしのりを攻撃した[8]が、この山崎の発言に対して、曽野とも対談したことのある池田信夫が、誤表記は単なる編集者側のミスであり、曽野本人のミスではないと主張し、「著書といえば自費出版しかないような自称評論家は対談もしたことがないのか」と反論[9]、その後も山崎も自らのブログ記事で池田に再反論し、「君の日本語は大丈夫か(笑)?」と揶揄した。この問題をめぐっては、佐藤優とも対談を行っている[10]
  • 2009年頃に「山崎の公式ブログのコメント欄に事実誤認に基づく中傷発言がある」として、仲正昌樹から直接メールやブログのコメント欄に抗議が寄せられた[11]が、山崎は、この事実誤認している部分に関係しているとされる仲正自身の発言やネット上での投稿発言を寄せ集めた上で、仲正を揶揄する記事を連投したが、最終的に仲正本人や、その勤務先である金沢大学から苦情が相次いだため、一部の記述を修正するに至った[12]
  • 小保方晴子によるSTAP細胞論文をめぐる騒動では、トーマス・クーンの『科学革命の構造』を論拠とながら、一貫して小保方を擁護している[13]。しかし、この問題をめぐる論争の過程で、小保方を批判する一人である片瀬久美子への攻撃的な言動が名誉棄損認定されて、弁護士からの警告が出たことにより、2016年に公式ブログにて謝罪文を掲載した[14]

人物編集

  • 1995年のWindows 95発売辺りからネット言論活動を始め、自己のブログである『毒蛇山荘日記』を継続的に更新し、文芸関連に加えて政治や時事問題を扱っているが、2016年、上記の片瀬との一件を機に、「不穏当な書き込みが多々あったこと」を理由に「反省と自粛、謝罪の意味を込めて」、これまでのブログ記事を非公開とし、ブログを移転した[15]
  • 思想面では保守反動を自称する一方、自由民主党所属時から現在まで一貫して小沢一郎への支持を公表しており、「小沢一郎議員を支援する会」にも度々出席しては講演を行っている。自著『それでも私は小沢一郎を断固支持する』でも小沢への敬意を述べ、小沢が政治資金問題をめぐって裁判を受けた際にも、「小沢一郎潰し」と「民主党政権潰し」を狙った日米合作による不当な政治某略裁判だと批判した。小沢の他にも、志位和夫ドナルド・トランプ桜井誠マリーヌ・ル・ペン今村雅弘上西小百合などを高く評価する一方、安倍晋三野田佳彦岡田克也菅直人鳩山由紀夫藤井裕久辻元清美蓮舫小池百合子などを痛烈に批判している。
  • 私生活では2男の父親である[16]
  • 櫻井よしこなどを批判しており、週刊金曜日に櫻井の批判記事を寄稿し、さらに「大年増の厚化粧=櫻井よしこの正体」とTwitterアカウントで宣伝している[17]

著作編集

単著編集

  • 『小林秀雄とベルクソン――「感想」を読む』彩流社、1991年、増補版1997年
  • 『小説三島由紀夫事件』四谷ラウンド、2000年
  • 『それでも私は小沢一郎を断固支持する』総和社、2012年
  • 『保守論壇亡国論』ケイアンドケイプレス、2013年
  • 『ネット右翼亡国論』メディアバル、2017年

共著編集

  • 『最高裁の罠』志岐武彦共著、ケイアンドケイプレス、2012年
  • 『曽野綾子大批判 : そこんとこキッチリ話そうよ!』佐高信共著、ケイアンドケイプレス、2014年

脚注編集

  1. ^ 兼任・非常勤スタッフ”. 2014年8月29日閲覧。
  2. ^ a b c 本人公表プロフィール
  3. ^ 記事:2004-01-14 「二十一世紀文学」で、岳真也、三田誠広、笹倉明と、「三枝和子追悼」
  4. ^ 憂国忌発起人一覧名簿
  5. ^ 絓秀実, 渡部直己『それでも作家になりたい人のためのブックガイド』太田出版、1993年、16-17 。ISBN 4872331435
  6. ^ 山崎行太郎氏「大西巨人は本物の『巨人』か?」のデタラメ
  7. ^ 天下の『産経新聞』に、署名入りで“与太”を書く「東工大講師 山崎行太郎」氏
  8. ^ 「保守論壇の『沖縄集団自決裁判』騒動に異議あり!!!」『月刊日本』2008年2月号
  9. ^ 空気読め 池田信夫blog2007年11月15日
  10. ^ 「憂うべき保守思想の劣化」『月刊日本』2008年3月号
  11. ^ 明月堂書店 – 「STAP細胞問題」と“学者になれない人たち” 仲正昌樹【第16回】 – 月刊極北
  12. ^ 明月堂書店 – 仲正昌樹(第5回)
  13. ^ “【STAP問題】厳しい目、寛容さを失う社会を象徴か  騒動の背後に 47トピックス)”. 47NEWS. (2014年12月27日). オリジナルの2014年12月27日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20141227192703/http://www.47news.jp/47topics/e/260651.php 2017年2月8日閲覧。 
  14. ^ 片瀬久美子のツイート(2016年9月23日)
  15. ^ [1]
  16. ^ たがや亮オフィシャルホームページ | 応援者山崎先生
  17. ^ 山崎行太郎Twitterアカウント - 山崎行太郎 「週刊金曜日」の「櫻井よしこ大批判特集」が発売中です。

外部リンク編集