メインメニューを開く
山崎貝塚(2011年12月)
山崎貝塚の貝殻

山崎貝塚(やまざきかいづか)は、千葉県野田市山崎貝塚町にある、縄文時代中期から晩期にかけての馬蹄貝塚である[1]。国の史跡に指定されている[1]

座標: 北緯35度55分19.7秒 東経139度53分38.6秒

山崎貝塚の位置(千葉県内)
山崎貝塚
山崎貝塚

概要編集

野田市の市街地の南郊、利根川江戸川にはさまれた南北に長狭な、通称「野田丘陵」に立地する。現在の海岸線から約26キロメートル内陸に位置し、台地を開析して南西方向から入りこむ小規模なの谷頭にあたる箇所にあり、およそ30メートル幅でベルト状に隆起してめぐり、全体では径約150メートルにおよぶ。ベルト状の隆起は谷側とその反対側で口が開き、半円弧が向き合うような形で分布する。

1892年明治25年)に、若林勝邦(東京帝国大学助手)が、学会に初めて報告した[2]

1927年昭和2年)に、東京人類学会が発掘調査をおこない、アサリおよびハマグリ海水で生育)の貝殻層と、ヤマトシジミ(海水と淡水が混ざる地で生育)の貝殻層が近接し、各貝殻層にある土器の種類に違いがあることを確認した。これにより、この地域にも、かつて海水が浸入した時期があり、徐々に海面が下がって現在の地形になったことが証明された。

1960年(昭和35年)5月以降、縄文人骨が出土している。

22軒の竪穴式住居跡が検出されており、遺跡性格としては貝塚をともなう集落跡と判断できる。繩文時代中期中葉から後期のほぼ全期間および晩期前葉にいたる各型式の土器が出土しており、このことは、長期にわたって安定した集落の営まれていたことを示している。

1976年(昭和51年)12月23日に、国の史跡に指定され、1995年平成7年)1月30日には、追加指定がなされて史跡の範囲が拡大した[3]

所在地およびアクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “ふるさとの文化財 山崎貝塚(国指定史跡 野田市) 縄文・中期から晩期の遺跡”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 16. (1994年4月26日) 
  2. ^ 『東京人類学会雑誌』73号にて「下総国東葛飾郡山崎村字溜台(若林勝邦発見)」と記す。
  3. ^ 同日、文部省告示第11号

関連項目編集

外部リンク編集