山崎 貞一(やまざき ていいち、1909年(明治42年)8月5日 - 1998年(平成10年)11月20日)は、日本科学者実業家東京電気化学工業株式会社(現TDK株式会社)社長・会長・顧問などを歴任。フェライトコアの工業化に貢献し、藍綬褒章勲二等瑞宝章を受章した。山崎自然科学教育振興会の創立にも尽くした。

略歴編集

  • 静岡県出身。
  • 1935年(昭和10年) 東京工業大学電気化学科卒業
  • 1938年(昭和13年) 東京電気化学工業(現TDK)株式会社に入社
  • 1943年(昭和18年) 従七位に叙せられる。
  • 1947年(昭和22年) 代表取締役社長
  • 1960年(昭和35年) 科学技術庁長官表彰を受ける。また、同年より数回に渡り紺綬褒章を受ける。
  • 1961年(昭和36年) 藍綬褒章を受章。
  • 1969年(昭和44年) 代表取締役会長。この間日本の研究者・技術者の育成と科学技術の発展に多大なる貢献をなす。
  • 1979年(昭和54年)11月 勲二等瑞宝章を受章。
  • 1984年(昭和59年)8月1日 財団法人材料科学技術振興財団の設立と共に初代理事長に就任。また、科学技術庁参与
  • 1988年(昭和63年) 社団法人蔵前工業会理事長[1]
  • 新技術開発事業団 理事 参与
  • 財団法人東京工業大学後援会 常務理事
  • 日本電子工業振興会 監事 理事
  • 社団法人経済団体連合会 評議員 理事
  • 財団法人加藤科学振興会 理事長
  • 財団法人斎藤憲三顕彰会 理事長
  • 財団法人山崎自然科学教育振興会 理事
  • 財団法人防衛大学校学術教育振興会 常務理事
  • 財団法人由利学生東京寮 常務理事 を歴任する。
  • 1998年(平成10年)11月20日永眠。享年89。

山崎貞一賞編集

山崎貞一賞は、科学技術水準の向上とその普及啓発に寄与することを目的とし、また、初代理事長を務めた山崎貞一の科学技術および産業の発展に対する功績、人材の育成に対しての貢献を記念して創設された賞である。対象は、財団の寄付行為第4条の事業内容に対応した「材料」、「半導体及び半導体装置」、「計測評価」、「バイオサイエンスバイオテクノロジー」の4分野からなり、論文の発表、特許の取得、方法・技術の開発等を通じて、実用化につながる優れた創造的業績をあげている者としている。

脚注編集

  1. ^ 蔵前工業会 創立100周年記念特集 (PDF)”. 社団法人蔵前工業会. p. 59 (2006年). 2019年11月23日閲覧。

外部リンク編集


先代:
齋藤憲三
東京電気化学工業(現TDK)社長
第2代:1947年 - 1969年
次代:
素野福次郎
先代:
中山一郎
蔵前工業会理事長
第28代:1988年 - 1992年
次代:
大和田国男