山崎銀之丞

山崎 銀之丞(やまざき ぎんのじょう、本名:山崎 公以知(やまざき こういち)、1962年5月16日 - )は福岡県福岡市南区出身の俳優。所属事務所は星野事務所(現在のシーズ・マネージメント)、ヤザ・パパを経て、現在はレプロエンタテインメント所属。

やまざき ぎんのじょう
山崎 銀之丞
本名 山崎公以知
生年月日 (1962-05-16) 1962年5月16日(55歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県福岡市南区
身長 172cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ舞台映画
配偶者 あり
著名な家族 二男あり
事務所 レプロエンタテインメント
主な作品
テレビドラマ
3年B組金八先生』シリーズ

筑陽学園高等学校卒業。玉川大学文学部中退。血液型はB型。

目次

略歴編集

1986年4月より、RKBラジオの夜ワイド番組『HiHiHi(ハイ・ハイ・ハイ)』のメイン・パーソナリティーを務め、同時期に同じ時間帯で『PAO〜N ぼくらラジオ異星人』(KBCラジオ)のパーソナリティだった沢田幸二と北部九州周辺の中高生の人気を二分していた。沢田が山口の田舎のお兄さんというイメージが強かったのに対し、山崎は都会的なスマートさを備えていた。

また、山崎の茶目っ気ある発言{「小学生以下は午後9時(番組開始時刻)を過ぎたら寝ろ=番組を聴くな」など}も魅力の一つとされ、リスナーからは「銀ちゃん」の愛称で親しまれた。尚、山崎は番組内で3年間共演した倉品淳子と噂になっていた。また、同じく1年間共演した阪田友美とは自身のデビューシングル『君がシャイニンオン』のB面でデュエットを果たしている。

もともと本職は舞台演劇で、ラジオのパーソナリティーでもありながら自らの劇団(「劇団空想天馬」)を率いていた。1991年、KBCテレビ番組『ドォーモ』の企画でつかこうへいが福岡を訪れ俳優オーディションを行った際に参加、審査を通過した。その後、1991年10月に番組を降板、つかの元へ上京した。

人物編集

出演編集

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

舞台編集

映画編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 前田敦子、主演ドラマで超恋愛体質の政治記者役 二股&不倫描く”. ORICON STYLE (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  2. ^ 観月ありさ×鄭義信の舞台「GS近松商店」9月27日上演決定”. 映画.com (2015年5月4日). 2015年5月7日閲覧。
  3. ^ ついにベールを脱ぐ!つかこうへい七回忌特別公演 新作未発表戯曲『引退屋リリー』稽古場レポート”. エンタステージ (2016年2月16日). 2016年2月17日閲覧。

外部リンク編集