メインメニューを開く

山川 幸世(やまかわ ゆきよ、1904年3月23日 - 1974年12月23日)は、日本の演出家

人物編集

京都生まれ。ドイツ文学者・山川幸雄の長男[1]。2歳の時、父の転勤のため、東京に転居[2]同志社大学英文科卒[3]。舞台演出家として知られるばかりでなく、俳優の養成にも携わり、実演者の立場から音声学にもアプローチした。モンゴル音楽祭などに取り組んできた山川泉は実子。

経歴編集

出典編集