山川湾

鹿児島県指宿市にある湾

山川湾(やまがわわん)は、鹿児島県薩摩半島先端付近にある。火山活動によって形成された。湾内に山川港がある。

山川湾
Yamagawawan Kagoshima Japan.jpg
座標 北緯31度12分38.8秒 東経130度38分0.4秒 / 北緯31.210778度 東経130.633444度 / 31.210778; 130.633444座標: 北緯31度12分38.8秒 東経130度38分0.4秒 / 北緯31.210778度 東経130.633444度 / 31.210778; 130.633444
親水域 鹿児島湾
日本の旗 日本
テンプレートを表示

山川湾は薩摩半島南東部の阿多カルデラに関連した火山活動によって形成された噴火口の跡である。約5500年前、池田湖鰻池などの形成と同時期に鹿児島湾沿いの海岸付近でマグマ水蒸気爆発が発生し、形成された直径約2kmの窪地に海水が侵入して半円形の湾となった。爆発による噴出物が周辺の地層に残されており、30m以上の厚さで積もっている場所もある。その後、湾の南端付近から砂嘴が伸びて現在の地形となった。池田湖などとともにランクCの活火山に指定されている。湾の周囲は火口壁が高さ約80mの崖を形成しており、丘陵地帯へ入るには曲がりくねった道路を進まなければならない。山間部をはじめ温泉が湧き出ており、保養施設も多く点在するようになった。海岸部には川尻温泉がある。

関連項目編集

参考文献編集

  • 山川町編 『山川町史(増補版)』 山川町長中村治男、2000年。

外部リンク編集