山川登美子(やまかわ とみこ、1879年(明治12年)7月19日 - 1909年(明治42年)4月15日)は、遠敷郡竹原村(現福井県小浜市)出身の歌人。本名・とみ。弟は小説家の山川亮

略歴編集

  • 1879年(明治12年)7月19日:遠敷郡竹原村(現小浜市)に山川貞蔵、ゑいの4女として生まれる。生家は小浜藩の上級藩士の旧家筋。
  • 1895年(明治28年):大阪ミッションスクール梅花女学校に入学、1897年(明治30年)同校を卒業。
  • 1900年(明治33年)4月:母校の研究生となり英語を専修。同年、与謝野鉄幹が創刊した雑誌明星に歌が掲載される。8月には鉄幹と、翌年鉄幹と結婚する与謝野晶子(旧姓・鳳)に出会う。この頃、「明星」の社友となった。
  • 1901年(明治34年):鉄幹を慕っていたが親の勧めた縁組により一族の山川駐七郎と結婚、翌年死別。
  • 1903年(明治36年)1月:婚家を離縁し、生家に復籍[1]
  • 1904年(明治37年):日本女子大学英文科予備科に入学し1907年(明治40年)3月まで在学。その間、与謝野鉄幹らがおこした新詩社に接近し、「白百合」と題して短歌131首を収載した。
  • 1905年(明治38年):晶子らと共著『恋衣』を刊行。
  • 1909年(明治42年):夫の駐七郎から感染した結核が元で、生家で死去[2]。29歳。戒名は登照院妙美大姉[3]

備考編集

  • 与謝野鉄幹により、「白百合の君」と称される。
  • 出身校である梅花女学校(現:梅花女子大学)主催で「梅花・山川登美子短歌賞」が設けられている。
  • 生前は合同歌集「恋衣」に参加したのみで個人歌集はないが、2011年今野寿美編により『山川登美子歌集』(岩波文庫)がまとめられた。

著書編集

  • 『山川登美子全集 上巻 (本文篇)』坂本政親編 光彩社 1972
  • 『山川登美子全集 下巻 (研究・資料篇)』坂本政親編 光彩社 1973
    • 『山川登美子全集』坂本政親編 文泉堂出版 1994
  • 『山川登美子歌集』今野寿美編 岩波文庫、2011

関連書籍編集

参考文献編集

  • 永井一顕「山川登美子 明星で頭角 晶子らと歌集」読売新聞日曜版(13版) 2010年10月10日

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『山川登美子全集 下巻 (研究・資料篇)』坂本政親編 光彩社 1973 404頁
  2. ^ ふくい歴史王 発掘!ふるさと人物伝 薄幸の歌人、山川登美子
  3. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)337頁

外部リンク編集