山川直人 (映画監督)

山川 直人(やまかわ なおと、1957年4月10日 - )は、日本の映画監督東京工芸大学芸術学部映像学科教授[1]

やまかわ なおと
山川 直人
生年月日 (1957-04-10) 1957年4月10日(60歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県
職業 映画監督
ジャンル 映画オリジナルビデオ

目次

経歴編集

愛知県新城市東新町出身。父親は愛知県庁職員。中学生の時、ビートルズの解散(1970年4月)に触発されて周囲がギターを始める中、山川もギターを手に取る。ところが何度挑戦してもうまく弾けず、ちょうどその頃テレビで見たマカロニ・ウェスタンに衝撃を受け「映画の方向に進むこと」に決めたという[2]

1973年4月、愛知県立新城東高校に入学。すでに新城市には映画館がなくなっていたため、豊橋市名古屋市の映画館に通い詰める。

早稲田大学教育学部に進学。同時に「早稲田大学シネマ研究会」に入会。大学2年生の時、シネ研の先輩に誘われて8ミリ映画の美術を担当した。これが自主映画を製作するきっかけとなり、2年生の終わりからシナリオを書き出す[2]

1978年、学生運動を描いた『ビハインド』を監督し、1979年にぴあフィルムフェスティバルに入選する。同年の入選者には、犬童一心手塚眞らがいる。同作品では郷里の飯田線三河大野駅でロケをおこなった。

テレビ等の露出は少ないが、作品はコアな映画ファンに支持されており、その中でも田中要次は山川が監督を務めたプロモーションビデオに出演したことがきっかけで当時勤務していたJR東海を退職して俳優に転向している[3]。作風は前衛的で、初期作品には早大同窓の室井滋を多用している。

映画の他、ZELDA柏原芳恵のプロモーションビデオを手掛けたこともある。

主な監督作品編集

製作年 タイトル 上映時間 出演 備考
1978 ビハインド 60分 伊藤清彦、石井葉子、室井滋 第3回「ぴあフィルムフェスティバル」PFFアワード入選作品[4]
1980 アナザ・サイド 80分 里亮弘、室井滋、内藤剛志
1982 パン屋襲撃 16分 趙方豪諏訪太朗、室井滋 原作は村上春樹の短編「パン屋襲撃」。
1983 100%の女の子 12分 隈本吉成、室井滋、坂口一直 原作は村上春樹の短編「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」。
1986 ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け 109分 三上博史真行寺君枝、室井滋 原案は高橋源一郎。高橋と山川の共同脚本。 商業映画(35ミリ)デビュー作となった。
1988 不可思議物語 FANTASTIC COLLECTION
第4話「ワン・ステップ・ビヨンド」
第8話「猫はよく朝方帰ってくる」
96分 室井滋、三上博史、神戸浩 「猫はよく朝方帰ってくる」の原作は大友克洋
SO WHAT 98分 南渕一輝東幹久矢野泰二 原作は大友克洋。
1990 バカヤロー!3 へんな奴ら
第4話「クリスマスなんか大嫌い」
94分 永瀬正敏咲輝田山真美子
2001 時の香り〜リメンバー・ミー〜 77分 吹石一恵斎藤工山中聡
2010 +1 vol.3
第1話「驚かさないでよ!」
100分 長野賢、佐伯恵、津川苑葉
2012 雨の日の月の女 5分 湯坐拓也、柳田綾子 2013年に『シフガフ』の一編として公開された[5]
2013 ばあちゃんのパンツ 15分 七咲友梨、湯坐拓也
2015 左岸への旅立ち 5分 七咲友梨、湯坐拓也
雪姫 22分 七海なな、鈴木一功

受賞編集

  • 第1回高崎映画祭 若手監督グランプリ(『ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』)

脚注編集

外部リンク編集