メインメニューを開く

山川藩(やまかわはん)は、下野国足利郡山川(現在の栃木県足利市山川町)に存在した

目次

藩史編集

太田重正の次男・資宗は、徳川家光に仕えて5600石の大身旗本となった。さらに松平信綱阿部重次三浦正次阿部忠秋堀田正盛と並んで家光側近六人衆の一人にまで栄進したため、寛永12年(1635年)、下野国山川に1万石の加増を受けて1万5600石の大名として諸侯に列した。しかし3年後の寛永15年(1638年)、資宗は三河国西尾藩に移封となったため、山川藩は廃藩となった。

歴代藩主編集

太田家編集

1万5600石。譜代

  1. 資宗

関連項目編集