メインメニューを開く
割る前の山川

山川(やまかわ)は、島根県松江市銘菓となっている和菓子大正時代風流堂が復刻させた[1][2][3]

茶人としても名高い松江藩7代藩主松平治郷(不昧)の考案した、いわゆる「不昧公御好み」の茶菓子の1つ[1][2][4]

落雁の一種であるが、紅白一対になっており、手で割って食べる[3]。赤は紅葉の山、白は川のせせらぎを表現する[1][2][4]。治郷の詠んだ「散るは浮き 散らぬは沈む もみじ葉の 彩は高尾に 山川の水」より命名したと言う[4]

若草菜種の里と合わせて不昧公三大銘菓と呼ぶこともある[5]

新潟県長岡市大和屋越乃雪石川県金沢市森八長生殿と共に、日本三大銘菓の一つにも数えられている[1]

出典・脚注編集

  1. ^ a b c d 『ココミル 松江 出雲 石見銀山 境港(2017年版)』JTBパブリッシング、2016年、42頁。ISBN 9784533116414
  2. ^ a b c 『マニマニ 出雲大社 松江 鳥取』JTBパブリッシング、2016年、82頁。ISBN 9784533111044
  3. ^ a b 甲斐みのり『春夏秋冬お菓子の旅』主婦の友社、2010年、15頁。ISBN 9784072637456
  4. ^ a b c 守安正『日本名菓辞典』東京堂出版、1971年、25頁。
  5. ^ 『楽楽 松江・出雲・石見銀山・境港(2017年版)』JTBパブリッシング、2016年、61頁。ISBN 9784533113826

外部リンク編集