メインメニューを開く

山形県立こころの医療センター

山形県立こころの医療センター(やまがたけんりつこころのいりょうセンター)は、山形県鶴岡市茅原にある県立病院である。2015年3月9日に開院した。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 山形県立こころの医療センター

Yamagata Prefectural Mental Health Medical Center 1.jpg

情報
英語名称 Yamagata Prefectural Mental Health Medical Center
前身 県立療養所「金峯園」

山形県立鶴岡病院[1]
標榜診療科 精神科[1]、心療内科[1]
許可病床数

213床


精神病床:213床[1]
機能評価 精神200床以上400床未満:Ver5.0
開設者 山形県
管理者 神田秀人(院長)
地方公営企業法 全部適用
開設年月日 1952年(昭和27年)12月
所在地
997-0019
山形県鶴岡市茅原字草見鶴51-1
位置 北緯38度45分24.5秒 東経139度50分30.4秒 / 北緯38.756806度 東経139.841778度 / 38.756806; 139.841778 (山形県立こころの医療センター)座標: 北緯38度45分24.5秒 東経139度50分30.4秒 / 北緯38.756806度 東経139.841778度 / 38.756806; 139.841778 (山形県立こころの医療センター)
PJ 医療機関
テンプレートを表示

概要編集

鶴岡市高坂に所在した県内唯一の公立精神病院であった県立鶴岡病院が、老朽化したことや国による精神科医療の在り方が精神障害の対策に重心を置くようになった状況を踏まえ、県が総事業費約72億7千万円を投じ、同市茅原に新病院を建設。病院名を「県立こころの医療センター」と改称して開院した。当初は2012年度の開院を予定していたが東日本大震災からの復興需要などの影響から、工期が伸び開院が遅れていた[2]

こころの医療センターには「子どもストレスケア病棟」、認知症の高齢者などの精神科救急の「スーパー救急病棟」などのほか、山形県立鶴岡養護学校の分教室も設置した。また、入院から退院まで適切な診療計画を立てるクリニカルパスも新たに導入した[3]

病院周辺は鶴岡市茅原北土地区画整理組合によって、2022年3月の完成を目指し、区画整理事業が進められている[4]

診療科編集

指定編集

  • 精神科救急医療施設
  • 応急入院指定病院
  • 臨床研修指定病院
  • 医療観察法に基づく指定入院医療機関
  • 日本医療機能評価機構認定病院(H19.4.23)審査体制区分2Ver.5

脚注編集

  1. ^ a b c d 長南里香(2015年3月9日). “なぜ?謎?やまがた:「県立鶴岡病院」が「こころの医療センター」に 世代のニーズに応える”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ 「新病院は3月9日開院 こころの医療センター 子のケア充実 県立鶴岡病院」『朝日新聞』山形版 2015年1月20日
  3. ^ 「根ほり葉ほり 県立こころの医療センター・神田秀人院長 新病院がめざす心の医療とは」『朝日新聞』山形版 2015年3月10日
  4. ^ “茅原地区で造成工事の安全祈願 鶴岡・22年の完成めざす”. 山形新聞. (2016年12月13日). http://yamagata-np.jp/news/201612/13/kj_2016121300294.php 2017年2月11日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集