メインメニューを開く

山形県立新庄神室産業高等学校(やまがたけんりつ しんじょうかむろさんぎょうこうとうがっこう、Yamagata Prefectural Shinjō-Kamuro Industrial High School)は、山形県新庄市にある県立高等学校

山形県立新庄神室産業高等学校
Yamagata Pref. Shinjo-Kamuro Industrial High School.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 山形県の旗 山形県
学区 北学区
併合学校 山形県立新庄農業高等学校
山形県立新庄工業高等学校
校訓 自立・創造・志高
設立年月日 2003年(平成15年)4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科

生物生産科
生物環境科
機械電気科
環境デザイン科

現在の3年生は機械電気科が機械システム科と電気システム科にわかれている。
学期 2学期制
高校コード 06162A
所在地 996-0051
山形県新庄市松本370
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

最上地方唯一の実業高等学校である。

目次

概要編集

歴史
2003年平成15年)に山形県立新庄農業高等学校(1946年(昭和21年)創立)と山形県立新庄工業高等学校(1949年(昭和24年)創立)の2校が統合されて開校した。2013年(平成25年)に創立10周年を迎えた。校名の「神室」(かむろ)は山形県と秋田県との県境に位置する修験の山、神室山に由来している。
設置課程・学科
全日制課程 5学科
  • 生物生産科(農業)
  • 生物環境科(農業)
  • 機械システム科(工業)
  • 電気システム科(工業)
  • 環境デザイン科(工業)
校訓
「自立・創造・志高」
校章
2005年(平成17年)3月建築デザイン科卒業生によりデザインされた。校名(Shinjo)の頭文字Sをモチーフとしている。
校歌
作詞は近江正人、作曲は佐藤眞東京芸術大学教授)による。歌詞は2番まであり、1番に校名の「神室」が登場する。

沿革編集

旧・山形県立新庄農業高等学校
  • 1946年(昭和21年)3月30日 - 「財団法人近岡表慶会立 山形県最上農林学校」(実業学校)として発足。
  • 1948年(昭和23年)
  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 統合により「山形県立新荘第一高等学校 農業課程」(通常制(全日制))となる。
  • 1950年(昭和25年)4月1日 - 高校再編(統合)により「山形県立新庄高等学校 農業課程」(通常制)となる。
  • 1952年(昭和27年)4月1日 - 高校再編(分割)により「山形県立新庄北高等学校 農業課程」(通常制)となる。
  • 1956年(昭和31年)4月8日 - 農業課程に女子生徒が初めて入学。
  • 1960年(昭和35年)4月1日 - 家庭課程を設置。
  • 1963年(昭和38年)4月1日 - 通常制を全日制課程に、農業課程を農業科に、家庭課程を家政科に改称。
  • 1964年(昭和39年)4月1日 - 家政科を生活科に改称。
  • 1966年(昭和41年)4月1日 - 山形県立新庄北高等学校から農業科が独立し、「山形県立新庄農業高等学校」として独立。農業科と生活科の1、2年修了者を収容。
  • 1967年(昭和42年)4月1日 - 有畜農業科を新設。
  • 1970年(昭和45年)- 新校舎が完成。
  • 1974年(昭和49年)4月1日 - 自営者養成農業高等学校として文部省より指定を受ける。
  • 1979年(昭和54年)4月1日 - 向町分校を山形県立新庄北高等学校に移管。
  • 1986年(昭和61年)4月1日 - 学科改編により、農業科と有畜農業科を統合し総合農業科を新設。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 学科改編により、生活科を生活科学科とする。
  • 2001年(平成13年)4月1日 - 学科改編により、生物生産科と生物環境科を設置。生活化学科の募集を停止。
  • 2002年(平成14年)11月15日 - 閉校記念式典を挙行。
  • 2003年(平成15年)3月31日 - 閉校。
旧・山形県立新庄工業高等学校
  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 「山形県立新荘第一高等学校 工業課程」(通常制・土木科)が発足。
  • 1950年(昭和25年)4月1日 - 高校再編(統合)により「山形県立新庄高等学校 工業課程」(通常制)となる。
  • 1952年(昭和27年)4月1日 - 高校再編(分割)により「山形県立新庄北高等学校 工業課程」(通常制)となる。
  • 1956年(昭和31年)4月15日 - 木材工芸科設置期成同盟会を結成。
  • 1957年(昭和32年)4月20日 - 最上郡高等学校組織研究会を結成。
  • 1960年(昭和35年)4月22日 - 産業高等学校期成同盟会を結成。
  • 1961年(昭和36年)
    • 3月10日 - 山形県立新庄工業高等学校の設置が決定する。
    • 12月27日 - 山形県立新庄工業高等学校(仮称)設立準備委員会が結成される。
  • 1962年(昭和37年)4月1日 - 山形県立新庄北高等学校から工業科が独立し、「山形県立新庄工業高等学校」として独立。工業科の1、2年修了者を収容。
    • 機械科・土木科・工芸科の3学科を設置。
  • 1963年(昭和38年)
    • 4月1日 - 電気科を新設。
    • 4月2日 - 新校舎(新庄市大字金沢字南沢)に移転を完了。
  • 1965年(昭和40年)9月20日 - 校歌を制定。
  • 1966年(昭和41年)- 体育館が完成。
  • 1973年(昭和48年)4月1日 - 工芸科の募集を停止し、インテリア科を設置。
  • 1978年(昭和53年)6月1日 - グラウンドを拡張。
  • 1993年(平成5年)3月31日 - 機械科にFAシステムを導入。
  • 1995年(平成7年)3月22日 - 電気科にデジタル通信実習装置を導入。
  • 1996年(平成8年)3月27日 - 土木科に総合測量システムを導入。
  • 2001年(平成13年)4月1日 - 学科改編により、機械システム科・電気システム科・建設システム科・建築デザイン科を設置。
  • 2002年(平成14年)10月18日 - 閉校記念式典を挙行。
  • 2003年(平成15年)3月31日 - 閉校。
山形県立新庄神室産業高等学校
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 山形県立新庄産業高等学校(仮称)の開校準備委員会が発足。
  • 2003年(平成15年)
    • 4月1日 - 山形県立新庄農業高等学校と山形県立新庄工業高等学校の2校が統合され、「山形県立新庄神室産業高等学校」が開校。
      • 農業系2学科(生物生産・生物環境)と工業系4学科(機械システム・電気システム・建設システム・建築デザイン)、計6学科を設置。
    • 9月25日 - 開校記念式典を挙行。
  • 2004年(平成16年)
  • 2005年(平成17年)- 校舎が完成。
  • 2006年(平成18年)11月16日 - 文部科学省指定研究「目指せスペシャリスト」発表会の会場となる。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 学科改編により建設システム科と建築デザイン科の募集を停止し、環境デザイン科を設置。
  • 2011年(平成23年)3月31日 - 建設システム科と建築デザイン科を廃止。農業系2学科と工業系3学科、計5学科体制となる。
  • 2015年(平成27年)4月1日 - 山形県立真室川高等学校を統合し、真室川校(分校)となった[1]
    • 新庄神室高等学校と真室川校の間でキャンパス制[2]を導入する予定[1]

部活動編集

運動系
文化系
愛好会
  • 農業情報処理愛好会
  • ボランティア愛好会

交通アクセス編集

最寄りの鉄道駅

著名な出身者編集

旧・新庄農業
  • マッコイ斎藤(テレビディレクター、演出家、テレビプロデューサー)
旧・新庄工業

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 各地区の高校教育の在り方に関する検討委員会の開催状況と県立高校再編整備計画 (PDF) - 山形県ウェブサイト
  2. ^ 1学年1~3学級の高校(小規模校)が、将来の統合を視野に、地域の協力の下、近隣の高校と連携・交流することにより、適正規模の高校に準じた教育環境を確保する制度。【出典】山形県立高等学校キャンパス制設置要綱 (PDF) 山形県ウェブサイト

関連項目編集

外部リンク編集