メインメニューを開く

山形県立米沢工業高等学校(やまがたけんりつ よねざわこうぎょうこうとうがっこう, Yamagata Prefectural Yonezawa Technical High School)は、山形県米沢市に所在する県立の工業高等学校。略称「米工」。

山形県立米沢工業高等学校
Yamagata Prefectural Yonezawa Technical High School 1.JPG
過去の名称 米沢市立工業学校
山形県立工業学校
山形県立米沢工業学校
山形県立米沢第二高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 山形県の旗 山形県
校訓 朝禮訓
設立年月日 1897年(明治30年)4月
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 【全日制課程】学年制
【定時制課程】単位制
設置学科 【全日制課程】工業科
【定時制課程】産業科
学科内専門コース 【全日制課程】
機械生産類
- 生産システムコース
- 機械加工コース
- 生産デザインコース
電気情報類
- 電気コース
- 情報技術コース
-
環境類
- 建築コース
- 土木コース
- 環境化学コース
専攻科 専攻科
学期 【全日制課程】3学期制
【定時制課程】2学期制
高校コード 06129J
所在地 992-0117
山形県米沢市大字川井300番地
北緯37度55分2.9秒 東経140度8分41.0秒 / 北緯37.917472度 東経140.144722度 / 37.917472; 140.144722座標: 北緯37度55分2.9秒 東経140度8分41.0秒 / 北緯37.917472度 東経140.144722度 / 37.917472; 140.144722
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
山形県立米沢工業高等学校の位置(山形県内)
山形県立米沢工業高等学校

概要編集

歴史
1897年明治30年)創立の「米沢市立工業学校」を前身とする。1948年昭和23年)の学制改革により、新制高等学校となった。現校名となったのは1950年(昭和25年)。2017年平成29年)に創立120周年を迎えた。
設置課程・学科
全日制課程(類コース制・修業年限3年)
  • 機械生産類 - 3コース(機械加工・生産システム・生産デザイン)
  • 電気情報類 - 3コース(電気・情報技術)
  • 建設環境類 - 3コース(建築・土木・環境化学)
定時制課程(修業年限3年以上)
  • 産業科
専攻科
修業年限は2年。
校訓
「朝礼訓」- 1920年大正9年)5月に制定。
  • 1. お互いに敬愛の実をあげよう
  • 2. 自己の本分は自ら進んでつくそう
校章
校名の「米」の文字と4個の「工」の文字を図案化して組み合わせたもの。
校歌
1926年(大正15年)9月15日制定。作詞は土井晩翠、作曲は山田耕筰による。歌詞は3番まであり、校名は歌詞中に登場しない。
同窓会
「鶴城[1]工親会」(かくじょうこうしんかい)と称している。

沿革編集

旧制・工業学校時代

  • 1896年(明治29年)8月 - 米沢有為会と米沢絹織物協同組合の発議に基づき、米沢市から山形県に工業学校設置が請願される。
  • 1897年(明治30年)
    • 3月 - 市立工業学校設立の認可を受ける。
    • 4月26日 - 「米沢市立工業学校」が開校。米沢市議事堂を仮校舎とする。以下の学科を設置する。
      • 本科(染織科) - 入学資格を高等小学校を卒業した14歳以上の男子、修業年限を3年とする。
      • 別科(染色科・機織科) - 修業年限を1年とする。
  • 1898年(明治31年)4月1日 - 山形県へ移管され、「山形県工業学校」と改称(全国で6番目、山形県初の県立工業学校)。
  • 1901年(明治34年)- 敷地を拡張し、建築と機械の2工場を建設。
  • 1902年(明治35年)4月1日 - 建築、機械両科の本科と別科を新設。
  • 1907年(明治40年)4月 - 校旗を制定。
  • 1908年(明治41年)4月1日 - 各科に専修科を設置。
  • 1920年大正9年)
    • 2月 - 山形市鶴岡市に県立の工業学校[2]が設立されることになり、「山形県立米沢工業学校」と改称。
    • 5月 - 校訓「朝礼訓」を制定。
  • 1940年(昭和15年)9月15日 - 校歌を制定。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 本科工業化学科を新設。実業学校令が廃止され、中等学校令が施行される。
    • 入学資格を国民学校初等科(6年)を卒業した12歳以上の男子、修業年限を4年とする。
  • 1944年(昭和19年)4月1日 - 本科電気科を新設。
  • 1945年(昭和20年)
    • 4月 - 学校での授業が停止される。ただし工場等での勤労動員は継続される。
    • 8月 - 終戦。
    • 9月 - 授業が再開される。
  • 1946年(昭和21年)
    • 4月1日 - 修業年限が5年(現在の中1から高2に相当)となる(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
    • 9月1日 - 本科土木科を新設。山形県立米沢第二工業学校の商業学校への転換(復帰)[3]に伴い、工業科を希望する学生を収容(移籍)。
  • 1947年(昭和22年)
    • 4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)が行われる。
      • 工業学校の生徒募集を停止。各科の専修科を廃止。
      • 新制中学校を併設し(名称:山形県立米沢工業学校併設中学校、以下・併設中学校)、工業学校の1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
      • 併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず在校生が2・3年生のみの中学校であった。
      • 工業学校の3・4年生はそのまま在籍し、4・5年生となった(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
      • 完成したばかりの講堂で創立50周年記念式典を挙行。
    • 10月 - 通常制工業課程(後の全日制課程工業科)の教護会(PTA)が発足。

新制・工業高等学校

  • 1948年(昭和23年)
    • 4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により工業学校が廃止され、新制高等学校山形県立米沢第二高等学校[4]」が発足。
      • 通常制工業課程を設置。入学資格を新制中学校を卒業した15歳以上の男子、修業年限を3年とする。
      • 工業学校卒業者(5年修了者)を新制高校3年生、工業学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業者(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
      • 併設中学校を継承し(名称:山形県立米沢第二高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に工業学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
    • 9月 - 定時制(夜間・4年制)を設置。染織・建築・機械の3学科を設置。
  • 1949年(昭和24年)3月31日 - 併設中学校を廃止。
  • 1950年(昭和25年)3月31日 - 「山形県立米沢工業高等学校」(現校名)に改称。
  • 1952年(昭和27年)7月 - 定時制の教護会(PTA)が発足。
  • 1961年(昭和36年)
    • 4月1日 - 定時制に電気科を新設。4月 定時制課程電気科を新設する
    • 11月 - 定時制課程にETA[5]が発足。
  • 1962年(昭和37年)4月1日 - 山形県立高校整備計画により染織科を廃止し、色染化学科と紡織科の2学科を新設。
  • 1963年(昭和38年)1月 - 定時制課程において一部給食を開始。
  • 1969年(昭和44年)5月 - 定時制課程において完全給食を開始。
  • 1973年(昭和48年)4月1日 - 紡織科を繊維工学科に改称。
  • 1976年(昭和51年)11月 - 財団法人時尚奨学会を設立し、奨学金の貸与を開始。
  • 1983年(昭和58年)4月1日
    • 全日制課程、色染化学科・繊維工学科・工業化学科の入学定員をそれぞれ40名とする。
    • 定時制課程の建築科・機械科・電気科の3学科の入学生を、くくり募集とし第3学年より学科専攻を行うこととする。
  • 1985年(昭和60年)
    • 4月1日 - 定時制課程に商業科を新設。
    • 4月 - 体育文化活動後援会が発足。
  • 1986年(昭和61年)4月1日 - 学科改編により、全日制課程の色染化学科と繊維工学科の募集を停止し、新たに電子機械科と染織デザイン科を設置。
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - 学科改編により、定時制課程の建築科・機械科・電気科のくくり募集を停止し、工業技術科を新設。
  • 1991年(平成3年)8月 - 野球部が第73回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園大会)に初出場。
  • 1992年(平成4年)10月 - 移転地が川井地内(現在地)に決定。
  • 1996年(平成8年)4月1日 - 全日制課程に情報技術科(1学級)を設置。以下の通り系・コース制を実施(3系12コース)。
    • 生産システム系 - 機械科・電子機械科・電気科・情報技術科(6コース)
    • マテリアル系 - 工業化学科・染織デザイン科(3コース)
    • 建設系 - 土木科・建築科(3コース)
  • 1997年(平成9年)
    • 4月 - 移転を完了し、新校舎での授業を開始。
    • 10月 - 全日制創立100周年、定時制50年記念式典を挙行。
  • 1999年(平成11年)4月1日 - 学科改編により、定時制課程の工業技術科と商業科の募集を停止し、産業科を新設。また定時制課程で単位制を導入。
  • 2003年(平成15年)4月1日
    • 学科改編により、全日制課程の工業化学科・土木科・染織デザイン科の募集を停止し、環境工学科と工業デザイン科を設置。
    • 専攻科(生産情報科・定員10名・修業年限2年)を新設。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 専攻科を拡充し、定員を15名とし、素材技術分野を新設。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 学科改編により、全日制課程の電子機械科・情報技術科・工業デザイン科の募集を停止し、3類9コース制を導入。
    • 機械生産類 3コース(機械設計・機械加工・素材技術)、電気情報類 3コース(電気・情報技術・意匠)、建設環境類 3コース(建築・土木・環境化学)
  • 2010年(平成22年)4月 - 専攻科(生産情報科・定員12名)素材技術分野の募集を停止。
  • 2012年(平成24年)5月 - 山形大学工学部との教育交流に関する協定書を締結。

学校行事編集

全日制課程

3学期制

  • 4月 - 始業式、入学式
  • 5月 - 生徒会総会
  • 10月 - 米工祭
  • 11月 - 修学旅行
  • 3月 - 卒業式、修了式
定時制課程(2学期制
前期
  • 4月 - 入学式、対面式、前期生徒大会
  • 5月 - 1年宿泊研修、2~4年校外研修、交通安全実技講習会、修学旅行
  • 6月 - 山形県定通大会
  • 7月 - 前期体育祭
  • 9月 - 校内生活体験発表会
  • 10月 - 山形県定通生徒の集い
後期
  • 11月 - 後期体育祭
  • 12月 - 生徒会役員改選、芸術鑑賞
  • 1月 - スキー授業、後期生徒大会
  • 3月 - 卒業式

部活動編集

全日制課程
運動部
文化部
愛好会
  • バスケットボール愛好会(女)
  • 英会話愛好会
  • 伝統文化愛好会
  • 写真愛好会
工業クラブ
  • 機械系
  • 電気系
  • マテリアル系
  • 建設系
定時制課程
運動部
文化部
  • 創作クラブ

著名な出身者編集

交通アクセス編集

最寄りの鉄道駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 米沢城の異名。
  2. ^ 山形県立山形工業学校(山形県立山形工業高等学校の前身)、山形県立鶴岡工業学校(山形県立鶴岡工業高等学校の前身)。
  3. ^ 山形県立米沢商業学校は教育ニ関スル戦時非常措置方策により、1944年(昭和19年)に工業学校に転換し、山形県立米沢第二工業学校となった。終戦により商業学校に戻り、1948年(昭和23年)の学制改革で山形県立米沢第三高等学校、1950年(昭和25年)に山形県立米沢商業高等学校となった。
  4. ^ 山形県立米沢第一高等学校(山形県立米沢興譲館高等学校の前身、山形県立米沢第三高等学校は山形県立米沢商業高等学校の前身、山形県立米沢第四高等学校は山形県立米沢東高等学校の前身。
  5. ^ Employer and Teacher Association(雇用主と教師の会)

関連項目編集

外部リンク編集