メインメニューを開く

山形県道17号山形白鷹線

日本の山形県の道路

山形県道17号山形白鷹線(やまがたけんどう17ごう やまがたしらたかせん)は、山形県山形市から西置賜郡白鷹町に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
山形県道17号標識
山形県道17号 山形白鷹線
主要地方道 山形白鷹線
起点 山形市十日町
国道112号交点【地図
終点 西置賜郡白鷹町十王
国道348号交点【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0112.svg 国道112号
Japanese National Route Sign 0348.svg 国道348号
Japanese National Route Sign 0458.svg 国道458号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

江戸時代の狐越街道にほぼ相当する。かつては山形 - 県民の森経由 - 荒砥行きのバスが運行されていたが、国道348号の改良によりバスがそちらで運行されるようになり、現在は廃止され山形市荻の窪地区で折り返している。なお、交通量も国道348号が改良される以前は県民の森入り口に信号が設置されるほどだったが、改良された現在では交通量は激減し信号機も撤去された。[要出典]

路線データ編集

歴史編集

路線状況編集

名称・愛称編集

橋梁編集

  • 門伝大橋(山形市、須川

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿道の施設など編集

脚注編集

  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集