メインメニューを開く

歴史編集

古くは夏王朝以前から、獫狁葷粥とともに中国の北方にいたとされるが[1]、定かではない。春秋時代になると、の北方に東胡と隣接して谷あいに居住していた。

紀元前663年冬、山戎が燕に侵攻してきたので、燕はに救援を要請した。斉の桓公は山戎を征伐して燕を救い、ついでに離枝(令支国)、孤竹国を征伐して帰還した[2]

最終的には燕に併合され、その多くが東胡[3]または匈奴に逃れたと考えられる。

習俗・文化編集

山戎は遊牧民なので、漢民族のように城郭などに定住しない。そこの家畜がメインで、他には橐駝(ラクダ)・驢(ロバ)・驘(ラバ)・駃騠(けってい:馬の一種)・騊駼(とうと:野生の馬)・騨騱(だんけい:野生の馬)などが放牧された。

文字を持たず、規則や命令は口頭で伝達された。

山戎は燕の尖首刀(せんしゅとう)を模倣したような、針首刀(しんしゅとう)と呼ばれる自国の通貨を発行しており、中原文化と相互に影響を与え合った文化水準の高い部族であった。

民族系統としては、アルタイ語族に属し、テュルク系ツングース系のいずれかと推測されるが、定かではない。

脚注編集

  1. ^ 『史記』匈奴列伝
  2. ^ 『春秋左氏伝』荘公三十年
  3. ^ 史記索隠』服虔伝に「山戎はおそらく今の鮮卑である。」とある。

参考資料編集

  • 春秋左氏伝』(荘公三十年)
  • 史記』(五帝本紀、秦本紀、秦始皇本紀、斉大公世家、燕召公世家、匈奴列伝)

関連項目編集