メインメニューを開く

山本 信次郎(やまもと しんじろう、1877年明治10年)12月22日 - 1942年昭和17年)2月28日[1])は日本の海軍軍人(最終階級は海軍少将[2][3]カトリック教会信者。正三位勲二等功五級[1]。族籍は神奈川県平民[4]

山本 信次郎
Yamamoto Shinjirou.jpg
生誕 1877年12月22日
神奈川県藤沢市
死没 (1942-02-28) 1942年2月28日(64歳没)
東京市市ヶ谷田町
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1900 - 1924
最終階級 海軍少将
テンプレートを表示

目次

生涯編集

山本は父・庄太郎と母・ミツの次男として相模国鎌倉郡片瀬(現・神奈川県藤沢市片瀬)で生まれ[5]、小学校卒業後、暁星中学校に入学した[6]。暁星中学校は禁教令廃止後に開設されたカトリック教会系の学校であるが、当時はキリスト教に対する敵視が根強く、彼も当初は侮蔑を抱いていた。だが学校を運営しているマリア会修道士と過ごしているうちにキリスト教を次第に理解するようになる[7]

信次郎は父にカトリックを学ぶ許可を得ようとしたが大反対を受けた。父は寺の檀家総代を務めていた[8]。彼は諦めず父を説得し、三度目でようやく許可を得て校長であるアルフォンス・ヘンリック神父のもとで要理を学び、1893年(明治26年)12月24日クリスマス前夜に洗礼を受けた[9]。洗礼名は「ステファノ」[10]。卒業目前、彼は進路に悩み、その相談をヘンリック神父に持ちかけ、神父から軍人を志すように薦められた[11]

1898年(明治31年)、海軍兵学校を卒業[4]26期席次は59名中17番[12])。1900年(明治33年)、海軍少尉に任じ、累進して海軍少将となる[3]1903年(明治36年)、兄・百太郎方より分かれて一家を創立した[2]。海軍士官として日露戦争に参戦し、日本海海戦には旗艦三笠」分隊長として参戦。秋山真之ニコライ・ネボガトフ少将の降伏交渉ではフランス語で通訳した[13]

1909年(明治42年)、海軍大学校を卒業し、東郷平八郎附属副官、イタリア大使館付武官などを歴任し、1919年(大正8年)から1937年(昭和12年)まで東宮御学問所御用掛として当時、皇太子であった昭和天皇に仕え、1921年(大正10年)、ヨーロッパ5カ国訪問に付き添い、ローマ教皇ベネディクトゥス15世との会見実現に尽力した[14]。また、政府との仲介を務め、神社参拝問題の解決に努め、教皇庁特派使節としてピウス11世に謁見し、南洋諸島の宣教者問題の解決に尽くした[15]

1938年7月、教皇ピウス11世の代理としてブラジルに派遣され[16]サンパウロ市にて、初海外派遣の日本人宣教師として1923年から1940年の死去までブラジルで活躍した中村長八神父に「大聖グレゴリオ勲章」を授与した[17]

カトリック信者として信仰生活を送り、教会の諸行事に参加し、各教会、各修道会に土地を寄進。牛込田町の自宅を開放し、青少年を育成する公教会青年会を設立、のちに全国的組織へと発展させ、「カトリック新聞」の前身である「カトリック・タイムズ」を創刊した[18]1942年(昭和17年)死去。

外国勲章佩用允許

人物編集

趣味は読書[3]。宗教はカトリック教[3]。神奈川県在籍[3]

家族・親族編集

山本家

神奈川県藤沢市片瀬、東京市麹町区下六番町[2]、牛込区市谷田町[4]

  • 父・庄太郎[2]
  • 兄・百太郎[2]
  • 妻・千代[2]
1884年 - 1929年
1906年(明治39年)、吉原重俊の次女、千代子(後にカトリック教会の洗礼を受け、1929年(昭和4年)に死去)と結婚し三男二女を儲ける[20]
1909年 -
1910年 -
1911年 -
  • 女・武子[2]
1907年 -
  • 女・貞子[2]
1914年 -
  • 養子・ムメ(兄・百太郎の長女)[2]
1891年 -
親戚

出典編集

  1. ^ a b 『日本海軍史』(第10巻)「山本信次郎」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『人事興信録 第9版』ヤ168頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年4月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録 第12版 下』ヤ172頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年4月28日閲覧。
  4. ^ a b c 『人事興信録 第6版』や102頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年4月27日閲覧。
  5. ^ 『父・山本伝次郎伝』 19頁
  6. ^ 『人物中心のカトリック教会史』 359頁
  7. ^ 『人物中心のカトリック教会史』 360 - 361頁
  8. ^ 『人物中心のカトリック教会史』361頁
  9. ^ 『人物中心のカトリック教会史』 362頁、『父・山本信次郎伝』 9頁、30頁
  10. ^ 『父・山本信次郎伝』 5頁
  11. ^ 『父・山本信次郎伝』30-31頁
  12. ^ 『海軍兵学校沿革』(原書房)「明治31年12月13日」
  13. ^ 児島襄『日露戦争 7』(文春文庫)、116頁
  14. ^ 『父・山本信次郎伝』81-82頁
  15. ^ 『人物中心のカトリック教会史』 367頁
  16. ^ 新谷光アルベルト著 (2015年3月). “「ブラジルの日本移民とカトリック教会の社会的役割」”. 『移民研究年報』 21号: p.119-137. 
  17. ^ Domingosu nakamura chōhachi shinpu : Burajiru nihon imin no shito. Ōnishi, Pedoro., Mizuno, Hajime, 1930-, 大西, ペドロ, 水野, 一, 1930-, Nichihaku Shiboku Kyōkai., 日伯司牧協会. S.l.: Mizūra Masao. (2007). ISBN 9784882162865. OCLC 675073080. https://www.worldcat.org/oclc/675073080. 
  18. ^ 『父・山本信次郎伝』150-156頁
  19. ^ 『官報』第5718号「叙任及辞令」1902年7月26日。
  20. ^ 『父・山本伝次郎伝』225頁

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 下』人事興信所、1940年。
  • 山本正著『父・山本信次郎伝』サンパウロ、1993年。
  • 池田敏雄著『人物中心のカトリック教会史』サンパウロ、1998年。
  • 大西ペドロ著『ドミンゴス中村長八神父:ブラジル日本移民の使徒』、2007年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』(第10巻)、第一法規出版。

関連項目編集