メインメニューを開く

山本 加津彦(やまもと かつひこ、1979年7月17日 - )は、日本作詞家作曲家編曲家ピアニストソニー・ミュージックパブリッシング所属。大阪府泉大津市出身。

山本 加津彦
生誕 (1979-07-17) 1979年7月17日(39歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府泉大津市
学歴 上智大学文学部新聞学科
ジャンル J-POP
職業 作詞家
作曲家
編曲家
ピアニスト
担当楽器 ピアノ
キーボード
事務所 ソニー・ミュージックパブリッシング
公式サイト 山本加津彦 Official Site

アーティストへの楽曲提供、映画テレビCM、企業・社会活動、学校訪問など、幅広い音楽活動を展開している。


略歴編集

大阪府立泉北高等学校上智大学文学部新聞学科卒業。中学・高校はバスケットボールに明け暮れ、音楽とは無縁の生活を送る。19歳の頃、地元のレストランで、ジョン・レノンの「Love」のピアノ演奏を聴いて感銘を受け、アルバイト代でカシオトーンを購入。楽譜も読めずピアノも弾けない全くの素人の状態から、独学で音楽を始める。

大学で上京し、「ヒューマンロスト」のスタッフを始め「SOIL&"PIMP"SESSIONS」の丈青に師事。音楽の修行に励む。また、自身がリーダーを務めるバンド「Ao-Neko」を結成し、各地でライブ活動を展開。

2007年よりソニー・ミュージックパブリッシングと契約、本格的に作詞・作曲家としての活動を開始。

2008年、ふくい舞の「アイのうた」が、TBS系ドラマ「恋空」の主題歌に採用され、着うた配信ダウンロード数が150万ダウンロードを超える。

2017年、西野カナの「手をつなぐ理由」で、日本有線大賞優秀賞、輝く!日本レコード大賞優秀作品賞を受賞。また、2018年、西野カナの「Bedtime Story」でも同様に、日本レコード大賞優秀作品賞を受賞している。

現在では、日本だけでなく、アメリカ合衆国カナダの作家との楽曲制作や、台湾韓国のアジアの歌手への楽曲提供も行う。

また、全国各地での演奏や、学校訪問で子供達との卒業曲制作をするなど、その活動は多岐にわたっている。

作品編集


  • その他

など

外部リンク編集