メインメニューを開く

山本 康夫(やまもと やすお、1902年10月27日 - 1983年5月30日)は広島県で活動した日本歌人。1930年より広島で短歌結社「真樹」(しんじゅ)を主宰。日本歌人クラブ中国地区幹事や、広島県歌人クラブ会長も務めた[3]。「真樹」の活動で第2回(1981年度)広島文化賞を受賞[2]。短歌の理念として「内面客観」の理論を唱えた。

山本 康夫
(やまもと やすお)
誕生 1902年10月27日
日本の旗 日本 長崎県北高来郡小栗村(現・諫早市小栗[1]
死没 (1983-05-30) 1983年5月30日(80歳没)
広島県広島市
職業 歌人
言語 日本語
活動期間 1928年 - 1983年
代表作 『閃光 : 原爆歌集』(1998年)
主な受賞歴 1981年度広島文化賞(「真樹社」の活動への授与)[2]
デビュー作 歌集『萱原』(1928年)
公式サイト 短歌結社「真樹」
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

略歴編集

1902年、長崎県北高来郡小栗村(現・諫早市小栗)生まれ[1]土師野尾(はじのお)尋常高等小学校および同高等科を卒業。1917年ごろ、「アララギ」に入会。[4]

1924年、帝国通信社東京本社に入社[3]。同時期より尾上柴舟に師事する[1]。1928年、第一歌集『萱原』(かやはら)を刊行。同年、田中紀代子と結婚[3]

1929年1月、帝国通信社の岡山支局長になるが、3月に同局が閉鎖。4月、中国新聞社に入社する[4]。翌1930年に広島で、月刊の歌誌『処女林』を創刊。1931年に『新樹』に改題、1932年には現行の『真樹』(しんじゅ)に改題した[1]

1945年8月6日、広島で被爆し、長男を亡くす。このときの家族の凄絶な体験を山本は、被爆の半年後に発表した「幻」(別題「浄土に羊羹はあるの?」)という小文に綴っている[5][6]。また、被爆体験に関連して詠んだ短歌は、没後に編纂された『閃光 : 原爆歌集』(1998年)にまとめられている。

1946年8月6日、広島で児童雑誌『ぎんのすず』が創刊されると、山本も執筆陣に名を連ねた。[1]

1957年10月、中国新聞社を定年退職。[4]

1961年、妻の紀代子が死去[3]。翌1962年、原田節子と再婚した[3]。節子ものちに山本節子の名で第一歌集『三つの珠』(1968年)、『慰霊 : 原爆歌集』(1998年)などを上梓している。

1983年5月30日、80歳で死去。康夫が50年にわたって主宰した短歌結社「真樹」は、康夫の死後、妻の山本節子が第二主幹となった。その後、娘の山本光珠が主幹を務める。

著書編集

歌集編集

  • 萱原(かやはら) (燭台叢書1、常夏荘、1928年)
  • 真清水 : 相聞歌集 (吾妹叢書10、猟人荘、1932年) - 妻・山本紀代子(1961年没)との共著
  • 薫日 (真樹叢書5、真樹社、1937年)
  • 比婆山(ひばやま) (真樹叢書11、真樹社、1942年) - 遠藤正人との共著
  • 麗雲 : 山本康夫第五歌集 (真樹叢書12、真樹社、1947年) - 妻・山本紀代子の短歌も収録
  • 朝心抄 : 山本康夫第六歌集 (真樹叢書13、真樹社、1948年)
  • 槇の実 : 山本康夫第七歌集 (真樹叢書17、真樹社、1953年)
  • 広島新象 : 山本康夫第八歌集 (真樹叢書23、真樹社、1959年)
  • 秋光 : 山本康夫第九歌集 (真樹叢書29、真樹社、1964年)
  • 生命賛歌 : 山本康夫第十歌集 (真樹叢書37、真樹社、1968年)
  • まきのや抄 : 山本康夫第十一歌集 (真樹叢書60、真樹社、1976年6月)
  • 樹の遠景 : 山本康夫第十二歌集 (真樹叢書70、真樹社、1979年5月)
没後に編纂された歌集
  • 山本康夫全歌集 (山本康夫全歌集刊行委員会編、短歌新聞社、1988年8月)
  • 閃光 : 原爆歌集 (真樹叢書130、真樹社、1998年8月)

歌論集編集

  • 短歌読本 (真樹叢書3、真樹社、1933年)
  • 短歌新講 (真樹叢書9、真樹社、1940年)
  • 短歌の真実 (真樹叢書19、真樹社、1954年)
  • 歌話と随想 (真樹叢書30、真樹社、1965年)
  • 短歌の解明 (真樹叢書85、真樹社、1982年)

雑誌への寄稿等編集

随筆
  • 生命の凝視から溢るるもの (『歌と観照』1969年10月号、歌と観照社) - 岡山巌追悼文
  • 原爆被爆都広島に生きて (『短歌現代』1978年8月号、短歌新聞社)
  • 郷土の大歌人中村憲吉 (『ひろしまの観光』70号、みづま工房、1981年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 広島ゆかりの文学者|広島を知る|広島市立図書館
  2. ^ a b 広島文化賞受賞者一覧/公益財団法人ひろしま文化振興財団
  3. ^ a b c d e 山本康夫『閃光 : 原爆歌集』(真樹社、1998年)
  4. ^ a b c 「山本康夫略年譜」『山本康夫全歌集』(短歌新聞社、1988年)
  5. ^ 堀場清子「原爆の惨禍をくぐり 忘れがたい女人の姿<下> わが子の喪失感 逆照射」(戦後70年 志の軌跡、中国新聞ヒロシマ平和メディアセンター、2015年8月11日)。なお、「幻」は安田武福島鋳郎編『ドキュメント昭和二十年八月十五日 占領下の日本人』(双柿舎、1984年)などに収録されている。
  6. ^ 山本康夫「浄土に羊羹はあるの?」 | 国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館 平和情報ネットワーク

参考文献編集

関連項目編集

  • 平野峯郎 - 山本康夫を生涯の師と仰いだ千葉県の歌人。1952年、真樹入会。山本康夫についての歌を多数詠んでおり、また山本康夫一家を千葉県にしばしば招き、文人ゆかりの地などを案内した。

外部リンク編集