メインメニューを開く

山本 拓(やまもと たく、1945年4月4日 - )は、日本の経済学者東京都出身[2]。専門は統計学計量経済学一橋大学名誉教授。1996年から1998年日本統計学会理事長、2005年から2007年日本統計学会会長、1991年から2001年まで日本経済学会常任理事[3][4]

山本 拓
生誕 (1945-04-04) 1945年4月4日(74歳)
研究機関 日本大学
一橋大学
筑波大学
横浜国立大学
研究分野 統計学計量経済学
母校 慶應義塾大学学士修士
ペンシルベニア大学Ph.D
博士課程
指導学生
黒住英司[1]
受賞 日経・経済図書文化賞(1998年)
日本統計学会賞(2013年)
テンプレートを表示

1998年、『経済の時系列分析』で日経・経済図書文化賞を受賞[2]。経済時系列分析の予測量精度に関する分析、および共和分モデルの分析において先駆的な成果を上げ、これらの業績によって第18回日本統計学会賞を受賞[3]

趣味は音楽鑑賞[5]

経歴編集

学歴編集

職歴編集

主な著書編集

  • 山本拓『計量経済学』創価大学通信教育部、1979年。
  • 山本拓『経済の時系列分析』創文社、1988年。ISBN 978-4423895023
  • 山本拓『計量経済学』新世社、1995年。ISBN 978-4915787454

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「学位授与者(丁剣平・松田芳郎・黒住英司・ユパナーウィワッタナカンタン)」一橋論叢124巻1号 (2000.7)(日本評論社)
  2. ^ a b c d 『経済の時系列分析』, 筆者紹介.
  3. ^ a b 第18回日本統計学会賞について (PDF)”. 日本統計学会会報. 日本統計学会 (2013年7月25日). 2015年4月18日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 研究者プロフィール 山本拓”. 日本大学 (2015年2月19日). 2015年4月18日閲覧。
  5. ^ 教員紹介 山本拓”. 日本大学. 2014年8月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月18日閲覧。

外部リンク編集