山本 政喜(やまもと まさき、1899年明治32年)4月20日 - 1960年昭和35年)4月7日[1])は、英文学者、翻訳家。筆名・柾 不二夫(まさき ふじお)[1]。息子にロシア文学者の川端香男里、娘に美術史家の若桑みどりがいる。

人物編集

福岡県出身[1][2]。荒吉の四男[2]1924年東京帝国大学文学部英文科卒[1]。1929年ごろから、「柾不二夫」のペンネームで『戦旗』『ナップ』にアメリカ左翼活動記事を翻訳紹介した[1]1932年プロレタリア科学研究所マルクス主義芸術学研究会同人となった[1]明治大学講師を経て1946年法政大学予科教授に就任した[2]。趣味は野球[2]。住所は東京都世田谷区代田[2]

家族・親族編集

山本家

著書編集

単著編集

  • 『民族経済地理』三教書院、1943年9月。NDLJP:1276328

翻訳編集

  • サミュエル・バトラー『エレホン 山脈を越えて』岩波書店岩波文庫〉、1935年2月。
  • ハーバート・ジョージ・ウェルズ『世界文化小史』三笠書房〈文化と技術叢書 7〉、1935年2月。
  • ジョージ・ゴードン・バイロン「ベツポー・アビドスの花嫁」『バイロン全集』第2巻、那須書房、1936年5月。
  • ハーバート・ジョージ・ウェルズ『青春の幸福 恋愛新道』第一書房、1936年10月。
  • ボウク・カーター『アメリカの反省』三教書院、1940年4月。
  • ビー・トレイヴン『海を歩く男』三教書院、1940年10月。
  • ビー・トレイヴン『山の宝』三教書院、1940年11月。NDLJP:1149737
  • ヂェイムズ・L・H・ペツク『翼ある軍隊』三教書院、1941年4月。
  • ヂエイムズ・ハーボウル『軍陣外科襍記』山雅房〈綜合医学新書〉、1941年12月。
  • ラシュブルック・ウイリヤムズ『インドの政治と経済』世界経済調査会、1942年3月。
  • エルネスト・ディムネ『考へる技術』三教書院、1942年6月。
  • マクス・ミラー『ベーリング海の霧と人』生活社、1942年6月。
  • G.H.ウイルキンス『濠洲の土と人』生活社、1942年7月。
  • ロウエル・トマス『ハイバル峠を越ゆ』三教書院、1942年10月。
  • チャールズ・ディケンズクリスマス・カロルひじかたしげみ装幀・挿絵、季節社、1948年11月。NDLJP:1168411
  • シェリー夫人『巨人の復讐 フランケンシュタイン』新人社〈世界大衆文学全集 11〉、1948年11月。
  • セギュール夫人『学問のあるロバの話』実業之日本社〈世界名作文庫〉、1949年4月。
  • ジャック・ロンドン『白い牙』万有社、1950年3月。
  • ローレンス・グールド『幸福論』新人社、1950年6月。
  • ジヤック・ロンドン『奈落の人々』万有社、1950年11月。
  • ジャック・ロンドン『白牙物語』筑摩書房〈中学生全集 24〉、1951年1月。
  • チャールズ・ディケンズ『炉辺のこおろぎ』南雲堂、1951年9月。
  • チャールズ・ディケンズ『大いなる遺産』上巻、角川書店角川文庫〉、1952年。
  • チャールズ・ディケンズ『大いなる遺産』中巻、角川書店〈角川文庫〉、1952年。
  • チャールズ・ディケンズ『大いなる遺産』下巻、角川書店〈角川文庫〉、1952年。
  • エドワード・ベラミー『顧りみれば』岩波書店〈岩波文庫〉、1953年2月。
  • ジャック・ロンドン『荒野の呼び声』角川書店〈角川文庫〉、1953年4月。
  • ジャック・ロンドン『白い牙』角川書店〈角川文庫〉、1953年4月。
  • シェリー夫人『フランケンシュタイン』角川書店〈角川文庫 629〉、1953年9月。
  • ローレンス・グールド『あなたは幸福ですか? 二十世紀幸福論』創芸社、1953年。
  • L.S. Hyde『ギリシャ神話』南雲堂、1954年3月。
  • アーネスト・ディムネ『生活の哲学 思考の技術』創芸社、1954年。
  • B.トレイヴン『黄金』早川書房、1954年。
  • エラリー・クイーン『スペイン岬の秘密』早川書房〈世界探偵小説全集〉、1955年2月。
  • ジャック ロンドン『海の狼・荒野の呼び声』三笠書房〈百万人の世界文学 14〉、1955年6月。
  • サミュエル・バトラー『肉なるものの道』上巻、新潮社新潮文庫〉、1958年。
  • サミュエル・バトラー『肉なるものの道』下巻、新潮社〈新潮文庫〉、1958年。

共訳編集

  • マイケル・ゴウルド『一億二千万』柾不二夫・村山知義訳、世界社、1930年6月。
  • マイケル・ゴウルド『アメリカ・プロレタリア文学評論』阪井徳三・柾不二夫訳、往来社、1931年10月。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 山本 政喜とはコトバンク。2019年9月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第15版 下』ヤ40頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月29日閲覧。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 下』人事興信所、1948年。
  • 川端香男里「二人の父と二人の母」『川端康成全集』第19巻月報、1974年。 
  • 栗原雅直『川端康成』中公文庫。

外部リンク編集