メインメニューを開く

山本本家(やまもとほんけ)は京都市伏見区で清酒の製造販売、および居酒屋チェーン「鳥せい」を経営する製造会社である。

株式会社 山本本家
鳥せい本店店舗写真
鳥せい本店店舗写真
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
612-8047
京都府京都市伏見区上油掛町36-1
北緯34度55分51.8秒 東経135度45分43秒 / 北緯34.931056度 東経135.76194度 / 34.931056; 135.76194座標: 北緯34度55分51.8秒 東経135度45分43秒 / 北緯34.931056度 東経135.76194度 / 34.931056; 135.76194
設立 1677年
業種 サービス業
法人番号 5130001015979
事業内容 清酒の製造、販売
居酒屋「鳥せい」のチェーン展開
代表者 山本源兵衛
外部リンク 山本本家
テンプレートを表示

目次

概要編集

創業は江戸時代の1677年延宝5年)、現在の蔵は1868年慶応4年/明治元年)に鳥羽・伏見の戦いで全焼し、同年に再建したものである[1]

仕込水は伏見七名水のひとつ、「白菊水」が使われ、鳥せい本店の横で勢いよく湧き出し、誰でも利用できる。

主要銘柄の「神聖」は、白楽天の漢詩にちなみ、ラベルの文字は富岡鉄斎の筆によるもの[2]。ポスターには木村斯光の絵が採用されている[1]。1962年(昭和37年)、当時の人気喜劇俳優・伴淳三郎をテレビCMに起用。「かあちゃん、いっぱいやっか」 と言うフレーズは大反響を呼び、全国的にブームを呼び起こした。

純米大吟醸「松の翠」は1980年(昭和55年)、表千家而妙斎千宗左宗匠が十四代家元を襲名する際に、それを祝って家元自ら命名[1][2]、表千家の茶事で使用されている[3]。また京都・嵐山の料亭「吉兆」でも使用されている高級酒である[1]

1989年に山本本家を中心に5つの酒蔵(山本本家(神聖)、向島酒造(ふり袖)、平和酒造(慶長)、豊澤本店(豊祝)、鶴正酒造(鶴正宗))が参画し、伏見銘酒協同組合を設立し、販売は自社で行いながら、旧山本本家の蔵で集約醸造を行っている。2010年に向島酒造が廃業し、本家にあたる北川本家が引き継いでからも、4社による集約醸造を継続している。

主な商品編集

  • たれ口(冬期のみ)
  • 生絞り原酒
  • 松の翠
  • 神聖
  • かぐや姫
  • 名誉冠
  • 明ごころ
名誉冠・明ごころの旧醸造元だった『名誉冠酒造株式会社』は、1864年に山本本家から分家した『初代 山本辰右衛門』が創業した。山本辰右衛門は代々襲名され、1952年に個人経営を株式会社に組織変更、社名を株式会社 山本辰右衛門商店に改称。1975年に名誉冠酒造株式会社に改称し、1995年に酒造業から撤退した有井酒造の銘柄「明ごころ」をも継承したが、2005年春より元冶元年に分家した際の本家である山本本家が2銘柄を継承している[4]

鳥せい編集

焼き鳥チェーンとして鳥せいを経営している。

参考文献編集

  • 木村克己『利き酒で選んだ日本酒「厳選の蔵元94」』新星出版社、2000年。ISBN 4-405-09660-0
  • 小檜山俊(監修)『地酒百科』双葉社、1998年。ISBN 4-575-28898-5
  • 友田晶子(監修)、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(監修)『全国の日本酒大図鑑[西日本編]』マイナビ出版、2016年。ISBN 978-4-8399-5387-4

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 木村克己、162-163頁
  2. ^ a b 『地酒百科』、92頁
  3. ^ 『全国の日本酒大図鑑』86頁
  4. ^ 名誉冠・明けごころ 会社沿革(2008年4月15日時点のアーカイブ)”. 山本本家(廃業後も山本本家がしばらく名誉冠のサイトを運営していた). 2018年12月31日閲覧。

外部リンク編集