メインメニューを開く

山本 浩二(やまもと こうじ、1952年7月28日 - 2001年3月29日)は、秋田県山本郡八森町(現・八峰町)出身のバスケットボール選手である。ポジションはガード。

目次

人物編集

能代工業高校で全国大会2冠を達成し、明治大学に進学。4年次に主将を務め、1975年オールジャパン優勝に導いた。これが現在のところ学生チームが制した最後のオールジャパンとなる。

卒業後、日本鋼管に入社。1年目より活躍し、全日本にも選ばれ翌年のモントリオール五輪に出場した。

引退後は日立戸塚女子の監督も務めた。

経歴編集

  • 能代工 - 明治大 - 日本鋼管

日本代表歴編集

  • モントリオールオリンピック

受賞歴編集

  • 1977~80日本リーグベスト5

関連項目編集