山本真平

山本 真平(眞平、やまもと しんぺい、1893年明治26年)11月20日[1] - 没年不明)は、大正から昭和時代前期の台湾総督府官僚検察官

経歴・人物編集

山本芳太郎の二男として大分県北海部郡臼杵町(現・臼杵市)に生まれる[2]1919年(大正8年)7月に東京帝国大学法科(英法)を卒業し、山下汽船鉱業(商船三井の前身企業のひとつ)に入社する[1]。のち法曹界に転じ、1922年(大正11年)5月、宇都宮地方司法官試補、大阪区裁判所検事を経て、1928年(昭和3年)7月に渡台し、台北地方法院検察官となる[1]

ついで台湾総督府官房法務課、法務課長事務取扱、法務課長、府審議室兼務、府総動員関係軍機文書取扱主任、府人事課長を経て[1]1939年(昭和14年)12月に台湾総督府食糧局長に就任[2]1941年(昭和16年)5月に退官し、皇民奉公会中央本部事務総長に転じた[2][3]

脚注編集

[ヘルプ]

参考文献編集