メインメニューを開く

山本 空外(やまもと くうがい、1902年9月13日 - 2001年8月7日)は、哲学者、浄土宗の僧。

広島市南区金屋町出身。旧名・幹夫。1926年東京帝国大学文学部哲学科卒。1927年(旧制)山形高等学校教授、1929年広島文理科大学助教授、29-31年欧米に学ぶ。1935年「哲学体系構成の二途 プローティーノス解釈試論」で文学博士。36年広島文理科大学教授。被爆し同年望月信亨のもとで出家。47年広島文理科大を退官。1952年愛媛大学文理学部教授、53年法蓮寺住職、広島大学文学部教授。66年定年退官、名誉教授。1974年財団法人光明会上首。89年空外記念館が開設され理事長。妻の父は中目覚[1]

目次

著書編集

  • 『哲学体系構成の二途 プローティーノス解釈試論』山本幹夫 目黒書房 1936
  • 『弁栄聖者の人格と宗教 現代の宗教読本』山本幹夫 大東出版社 1936
  • 『国民学校の道徳教育』山本幹夫 明治図書 1940
  • 『国家倫理の構造』山本幹夫 目黒書店 1941
  • ナチス思想論』山本幹夫 アルス ナチス叢書 1941
  • 法然仏教とわが国体思想』山本幹夫 法然上人鑽仰会 1941
  • 『念仏の哲学』山喜房仏書林 1975
  • 『いのちのみのり』光明修養会 1977
  • 『十二光 自己が自己になれる生き方』光明修養会 1978
  • 『空外墨跡』松山光明会 1980
  • 『心の芸術と宗教』光明修養会 1981
  • 『無二的人間』光明修養会 1984
  • 『いのちの讃歌 山本空外講義録』龍飛水編 無二会 2007
  • 『書論体系』山本空外上人奉賛会 2013

共著編編集

  • 山崎弁栄『弁栄上人書簡集』校訂編集 光明修養会 1969
  • 『生命(いのち)を讃える』有本忠雄聞き手 空外記念館 1993
  • 『念仏生活 法然、弁栄両上人に学んで』金光寿郎聞き手 空外記念館 1995

編集

関連項目編集

外部リンク編集