メインメニューを開く

山本達郎

山本 達郎(やまもと たつろう、1910年明治43年)6月16日 - 2001年平成13年)1月24日)は東洋史学者。東京大学名誉教授元号平成』の名付け親である。

目次

生涯編集

東京生まれ。父は貴族院議員参議院議員松村真一郎日本銀行総裁などを歴任した祖父の山本達雄男爵の養子となる。東京帝国大学卒、東方文化学院研究員を務め、1944年(昭和19年)東京帝国大学助教授、1949年(昭和24年)東京大学文学部東洋史学科教授(南方史講座)、1971年(昭和46年)定年退官まで長く学科主任を務め、退官後は国際基督教大学教授。1975年(昭和50年)国際哲学人文科学協議会会長。

専攻は東南アジア史・インド史。南方史研究会(東南アジア史学会(現:東南アジア学会)の母体の一つ)を組織した。

1967年(昭和42年)日本学士院会員。1986年(昭和61年)文化功労者顕彰。1998年(平成10年)文化勲章受章。2001年(平成13年)に心不全により死去。

昭和末年から、日本国政府より昭和天皇崩御を想定した「新元号」について委嘱を受けており、山本が勘進した「平成」は、1989年(昭和64年)の今上天皇即位に伴う改元による新元号となった[1]。ただし生前、山本が『平成』の勘進者であった事実を述べたことは、最期までなかった[2]

著書・共著編集

  • 『印度支那諸民族に関する民族学的研究の現状』 帝国学士院、1942年
  • 『安南史研究』山川出版社、1950年
  • 『歴史の見方』三省堂(社会科歴史文庫)、1957年
  • 世界の歴史 第8巻 東洋の専制帝国』山口修共著、集英社、1968年
  • 『要説世界史  改記版江上波夫共著、山川出版社、2001年

編著編集

  • 岩波小辞典世界史 東洋』岩波書店、1958年
  • 『東南アジアの宗教と政治』日本国際問題研究所、1969年
  • 『東南アジアにおける権力構造の史的考察』竹内書店、1969年
  • 『ベトナム中国関係史』山川出版社、1975年
  • 『比較文化の試み』研究社出版、1977年

外部リンク編集

記念論集編集

脚注編集

  1. ^ 考・皇室 私の意見/5止 元号の意味づけ変化も 的場順三・元内閣官房副長官、毎日新聞、2016年10月22日付朝刊
  2. ^ “「平成」選定の背景 頭文字 昭和と異なる「H」に”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年1月22日). http://www.nikkei.com/article/DGKKZO11979720R20C17A1TZJ000/ 2017年6月3日閲覧。