メインメニューを開く

山村 哲夫(やまむら てつお、1951年2月9日[1] - )は、日本の元俳優子役スーツアクター東京都出身。

やまむら てつお
山村哲夫
生年月日 (1951-02-09) 1951年2月9日(68歳)
出生地 日本の旗日本東京都
職業 俳優子役スーツアクター
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1965年、帯ドラマ『小さな目』(TBS)でデビュー。

同年、特撮ドラマ『ウルトラQ』第10話に靴磨きの少年役で出演。その際、撮影現場で見た怪獣「M1号」の着ぐるみや、「地底超特急いなづま号」のミニチュアの出来のよさに感動し、以後、学校そっちのけで円谷プロの現場に入り浸るようになった[2]。この際、怪獣倉庫にある着ぐるみには一通り入ってみたとのこと。

1966年、『快獣ブースカ』のプロデューサー・守田康司に「明日から来い」と言われ、ブースカの弟「チャメゴン」のスーツアクターを務めることになった[2]。当時中学生だった山村には過酷な仕事だったが「ぬいぐるみ役者は僕の天職」と思っていたため苦ではなかったという[2]

1967年、『ウルトラセブン』放映開始。当初、怪獣・宇宙人は荒垣輝雄中村晴吉鈴木邦夫らが務めていたため、山村は、怪獣ショーやスチール写真の着ぐるみに入っていたが、第25話の怪獣「ガンダー」から、テレビの仕事を任せられるようになった。

その後も『チビラくん』『ファイヤーマン』など、数々の円谷作品でスーツアクターを務めた。

これまで関連書籍などに登場する機会がなかったが、2000年代以降に発行された『ウルトラシリーズ』関連の書籍に取材記事が掲載されている。これらの書籍では当時の現場スタッフとして、撮影裏話や、従来のデータ(スーツアクター関連)の誤りを指摘するなど貴重な証言を行っている。

出演作品編集

映画編集

テレビ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『語れ!ウルトラ怪獣』(KKベストセラーズ・2014年) p.88
  2. ^ a b c d e f g h ウルトラセブン研究読本 2012 pp.264 - 267 「インタビュー ぬいぐるみ俳優 山村哲夫」。
  3. ^ a b c d キャラクター大全ウルトラセブン 2012 pp.37 - 127 「story & Alien, Monster」
  4. ^ ウルトラセブン研究読本 2012 p.181 「エピソードガイド第36話」。
  5. ^ ペガ星人のスーツアクターとして記載しているものもあるが[3]、山村本人は『ウルトラセブン研究読本』にてこれを否定している[4]
  6. ^ 『ファンタスティックコレクションNo.16 ミラーマン ジャンボーグA ファイヤーマン - 華麗なる円谷特撮の世界』(朝日ソノラマ・1979年) p.33
  7. ^ 『大人のウルトラ怪獣大図鑑』p.87
  8. ^ 『円谷プロ画報 (1)』(竹書房・2013年) p.228
  9. ^ 『ウルトラマン研究読本』(洋泉社・2013年) p.75
  10. ^ 『ウルトラマン研究読本』 p.257
  11. ^ テツオンの名は山村哲夫に由来する[2]

参考文献編集